• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

サッシにお洒落な杉の額縁を取り付けています

サッシに杉の額縁を取り付け
サッシに杉の額縁を取り付け

 

こんにちは。

 

土手加藤材木店の大工見習いの眞利子(まりこ)です。

 

今日の上野桜木の現場ブログは私達大工仕事です。

 

室内側の窓のサッシ廻りに化粧の額縁を取り付けます。

 

サッシ額縁は窓廻りをきれいに見せるための化粧部材です。

 

今回使う額縁は杉です。

 

サッシ額縁に使う杉
サッシ額縁に使う杉

 

こちらがサッシ額縁に使う杉で大変美しい木肌が特徴です。

 

春先になると杉花粉で嫌われる杉ですが、

 

実は木目がきれいな木なんです。

 

用途は建築の柱や梁、造作材では天井板や床材や家具などにも使われます。

 

日本を代表する材木です。

 

 

まずはサッシの場所ごとに杉の板を切ります。

 

この作業を木取りと呼び、

 

サッシ額縁の長さや大きさごとに木取りをします。

 

通常のサッシ額縁は見込み(サッシの幅)はほぼ一定なんですが、

 

今回は場所により見込み寸法が違うのでそれらを見極めて加工に入ります。

 

 

サッシ額縁に溝を付けた後にカンナで仕上げます
サッシ額縁に溝を付けた後にカンナで仕上げます

 

サッシ額縁の分(寸法)を決めて、溝を付けてから表面をカンナで仕上げます。

 

カンナの調子はすごくいいです。

 

木材が乾燥すればするほどカンナののりが良くなります。

 

サッシ額縁の組み立て
サッシ額縁の組み立て

 

カンナで仕上げた杉の額縁を組み立てます。

 

必要な開口寸法に切って組み立てます。

 

 

組み立てた額縁をサッシに取り付けます。

 

こちらは障子引込のサッシ額縁です。

 

赤みの強いきれいな杉の額縁です。

 

無垢の額縁なので額縁の裏側にはボードジャクリをします。

 

ここまで狂いもなく取付が進んでいます。

 

 

こちらは障子両引きのサッシ額縁です。

 

戸袋の中に障子が引き込まれるようにして、

 

戸袋に収まっているときには障子は見えないような収まりになっています。

 

場所によっておさまりが違うので、間違えないように細心の注意が必要なんです。

 

あともう少し。

 

 

ダイニング部分のサッシ額縁上部は5mmチリで仕上げています。

 

サッシ額縁がすっきりと見えるようにした納まりです。

 

これでほぼ全てのサッシ額縁の取付は終了です。

 

 

それではまた次回をお楽しみにしていてください。

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。