• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

注文住宅と建売住宅を比較!それぞれのメリットとデメリット

注文住宅と建売住宅のメリットとデメリット

新築で一戸建て住宅を建てる時の選択肢として主に注文住宅と建売住宅の2つがあります。

 

よく、この2つでどちらにした方がいいのか迷う方も多いと思います。

 

では、注文住宅と建売住宅にはどのような違いがあり、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

 

今回は、注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

注文住宅とは?

注文住宅とは、建築士や施工会社に設計を依頼して施工会社に建ててもらう住宅のことです。

 

工務店などの施工会社に設計と施工をすべて依頼する場合や設計事務所に設計を依頼して施工は施工会社が行うなどのパターンがあります。

 

注文住宅の大きな特徴としては間取りや設備、工法や材料をある程度、自由に決めることができます。

注文住宅のメリットは?

注文住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

3つのメリットをご紹介します。

1 間取りなどの自由度が高い

注文住宅は、設計から関わることができるので間取りなどの自由度が高いことが一番のメリットではないでしょうか。

 

間取りの他にも、設備や外観、内装のデザインなども自由に選ぶことができます。

 

ですから、自分のライフスタイルに合った家づくりが可能になります。

2 工事の様子を見ることができる

設計をしてから家を建てるので、建築が始まった時から工事の様子をチェックすることができます。

 

実際に建築現場を見に行くことで、構造や使用されている材料などを確認することができます。

3 予算を調整しやすい

事前に施工会社にきちんと予算を伝えておくことで、その予算の範囲内で調整をしてくれるため予算オーバーになることが少ないです。

 

ただ、自由度が高いのでこだわり始めると止まらなくなってしまい予算オーバーになってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

予算オーバーにならないためにも、こだわりたい部分には優先順位をつけて、それに従って予算をかける所にはかけて、こだわらない部分はなるべく安く抑えることが大切です。

注文住宅のデメリットは?

注文住宅にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

2つのデメリットをご紹介します。

1 建てた後のイメージが違う場合も

間取りを自由に決めることができますが、図面などを参考にしながら決めていくのでどうしてもイメージがしにくい場合があります。

 

ですから、住宅が完成した後に思い描いていたイメージと違うということもあります。

 

しかし、最近ではパソコンを使った立体画像などである程度のイメージを描くことができます。

2 完成するまでに時間がかかる

注文住宅を建てるとなると完成まで時間がかかってしまう場合があります。

 

間取りなどをこだわって決められますがその分の打ち合わせに時間がかかってしまいます。

 

また、建築工事自体に半年程度かかるので入居まで時間がかかってしまいます。

こんな方に注文住宅がおすすめ

費用や時間が多少かかってもこだわりを持って家づくりを行いたい方におすすめです。

 

他にも、家づくりに自分たちも参加して楽しみたいという方にも合っています。

建売住宅とは?

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売している新築住宅のことです。

 

一般的に同じ仕様の住宅をまとまった土地の中に区画に分けていくつも建てて販売していて、分譲住宅とも呼ばれています。

 

完成している住宅の販売だけでなく、建築中や着工前の段階で販売する場合もあります。

建売住宅のメリットは?

建売住宅にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

3つのメリットをご紹介します。

1 住む家のイメージがしやすい

完成している住宅を販売している所が多いので、実際にどのような住宅なのかを見ることができるので、どのような家に住むのかをイメージしやすくなります。

 

また、間取りや仕様が決められているので、家具の配置や生活動線などをより明確に思い描くことができます。

2 入居するまでに時間がかからない

土地と住宅を一緒に購入するので建物がすでに完成していれば、売買契約を結んで短期間で入居が可能になります。

 

最短で1~2ヶ月ほどで入居できる場合もあります。

3 販売価格が明確で割安な場合も

注文住宅と違って販売価格が明確になっているので、購入した後から余分な費用がかかることが少ないので、予算がオーバーしにくいです。

 

また、建売住宅は同じ仕様の家をいくつも建てるので材料を一括購入して安く仕入れることができて、設計も1回で済むのでコストを抑えることができます。

 

そのため、先程ご紹介した注文住宅と比べて費用が割安の場合があります。

建売住宅のデメリットは?

建売住宅にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

 

2つのデメリットをご紹介します。

1 間取りなどが自由にできない

すでに完成している住宅を購入するわけですから当然、間取りは決められているため希望通りの間取りを見つけるのが難しいです。

 

他にも、設備などに関してもあらかじめ決められたものなので、自分たちが必要としている設備がない場合もあります。

2 建築している様子を見ることができない

建売住宅の多くはすでに完成しているものを販売しているので、工事の様子や構造がどのようになっているのかを見ることができません。

 

工事の様子を確認できないと、どのような材料を使用したのか?どのような工事をしたのか?が分からないので不安が残ります。

こんな方に建売住宅がおすすめ

建売住宅は費用や時間をなるべくかけたくない方に合っています。

 

家づくりにそこまでこだわらずにできるだけ早く一戸建て住宅を手に入れたい方におすすめです。

最後に

今回は、注文住宅と建売住宅のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。

 

家づくりにこだわりたいのか?時間や費用をかけずに家を購入したいのか?など、自分たちのライフスタイルに合っているのはどちらなのかをよく考えて検討してくださいね。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。