• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

絶対不可欠な作業「研ぎもの」について

 

見習い大工の眞利子です。

 

前回は、大工道具の鉋について様々な種類と用途があることを紹介しました。

 

今日は、その刃物を使うためには絶対不可欠な「研ぎもの」について紹介したいと思います。

 

 

写真は砥石と金版です。

 

左から金版、仕上げ砥石(対馬砥)、仕上げ砥石(人造砥)、中砥石です。

 

金版は、刃の裏をきれいに磨くために使います。

 

ノミやカンナは包丁と違って「片刃」なので、平らな面を裏といいます。

 

金版で裏を磨いたら、次は中砥石で荒研ぎします。

 

 

中砥石は粒子が荒いため、ガリガリ刃を研ぐことができます。

 

刃先の小さな欠けを落としたり、歪んだ刃の形を中砥石で調整していきます。

 

黒い泥のような研ぎ汁がたくさん出てくれば、しっかり研げているという証拠です。

 

 

続いて仕上げ砥石をかけます。

 

仕上げの方が粒子が細かいため、より刃先の欠けが取れて切れる刃物になります。

 

仕上げではあまり力をかけずに、磨くといった感じです。

 

人口砥石なので鏡のように仕上ります。

 

刃先の傷が見えないくらいになったら、砥石を替えてさらに磨いていきます。

 

最後に使う対馬砥石は、海底から採掘される天然砥石です。

 

黒い砥石はかっこよくて自分のお気に入りです。

 

それに対馬砥石で仕上げるとよく切れるようになります。

 

 

今回研いだのは、「際鉋キワガンナ」です。

 

普通の鉋では届かない壁際や角までしっかり掛けることができる鉋です。

 

最後に試し削りをして、切れ味の確認です。

 

キワなので、いちばん隅っこが削れればいいのですが、もう少し台と刃の角度を合わせていきたいです。

 

 

研ぎものは、すごく難しいです。

 

特に、鉋を仕上がるように研ぐのは大変です。

 

うまくなるにはできるだけ刃物に多く触れることだと思います。

 

そうやって自分で調整した鉋で窓枠などの化粧材がキレイに仕上がったときはものすごい達成感を得られます。

 

まだまだ下手くそで、バラつきがありますが道具の扱い方と一緒にその調整も上手くなれるよう頑張りたいと思います。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。