• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

漆喰とは?6つのメリットや効果をご紹介します

漆喰とは?

古くから日本で、建物の塗壁材として使われてきた漆喰。

 

最近では注文住宅やリフォームにおいて自然素材の関心が高まっていることもあり、漆喰などの塗壁材が注目されています。

 

そこで今回は、漆喰とはどのようなものなのか?メリットにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

漆喰とは?

漆喰(しっくい)とは、石灰石を焼成してできた消石灰に砂と糊などを混ぜ合わせた塗壁材です。

 

昔から日本では、土蔵や城などに使用されてきました。

 

現在では、自然素材としての関心が高まり、住宅の内装材や外壁材として使用されています。

 

伝統的な左官工法で施工するのでやわらかな質感で様々な表情を生み出すことができます。

漆喰のメリットは?

漆喰にはどのようなメリットや効果があるのでしょうか?

 

6つのメリットや効果をご紹介します。

1 調湿性能に優れている

漆喰は調湿性能に優れているので、夏のジメジメとした湿気を吸い取って涼しく過ごすことができ、冬は湿気を放出することで乾燥を防いで快適な室内環境になります。

 

また、室内の湿度を調節することで結露の防止にもなります。

2 防火性

非常に火に強く、万一に火災が起きた時でもダイオキシンなどの有害なガスが発生することがなく、延焼を防ぎます。

 

ですから、財産を守るために昔から蔵や城に漆喰が使われていたのには、この防火性があるからなんです。

3 耐久性

漆喰は、塗壁として塗られた後も、空気中の二酸化炭素を吸収して少しずつ硬化していきます。

 

ですから、時が経つにつれて耐久性が増していきます。

 

昔からある蔵や城が何百年も耐えてきたのは、この耐久性があるおかげでもあります。

4 殺菌効果がある

漆喰は強アルカリ性のため殺菌効果があり、主成分の消石灰の作用によってダニやカビの発生を抑えてくれます。

 

また、漆喰にはインフルエンザウイルスの感染力を低減させてくれる効果もあります。

5 体にやさしい

自然素材である漆喰は、住宅で問題となっているシックハウス症候群の主な原因となっているホルムアルデヒドなどの有害物質を一切含んでいません。

 

更に漆喰には、ホルムアルデヒドなどの有害物質を吸着して分解する作用もあります。

 

ですから、健康的で体にやさしい塗壁材なので安心して使用することができます。

6 デザイン性

左官で仕上げることにより、様々な表情を生み出すことができて独特な自然の風合いと質感で和風住宅だけでなく洋風なデザインにも合います。

 

漆喰と言えば真っ白なイメージが強いですが、顔料などを混ぜ合わせて着色したものもあり、カラーバリエーションも豊富です。

最後に

今回は、漆喰の6つのメリットや効果をご紹介しました。

 

家づくりで自然素材にこだわりたい方は漆喰も選択肢に入れてみてはいかがですか。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。