• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

屋根断熱ネオマフォームの上に通気用の垂木を施工

屋根断熱ネオマフォームの施工が完了

 

こんにちは。

 

土手加藤材木店の見習い大工の眞利子(まりこ)です。

 

今回の施工ブログは、前回に引き続いて屋根工事です。

 

前回ご紹介しました屋根垂木と屋根断熱ネオマフォームの施工が完了したので、

 

この上に通気垂木を施工します。

 

 

その前に断熱材ネオマフォームの継ぎ目に気密テープを張ります。

 

この気密テープは家の断熱性能を高めるためです。

 

屋根断熱の性能を最大限確保するために、

 

屋根たる木の上に通気層と呼ばれる空間を確保します。

 

 

屋根断熱に気密テープの施工
気密テープの施工をします

 

横に貼られているのが気密テープです。

 

 

屋根断熱の上に通気垂木を施工しています

 

 

気密テープを張り終えたので、

 

屋根垂木の上から通気用の垂木を取り付けます。

 

ちなみに屋根垂木はタルキックとパネリードで止めつけていきます。

 

 

 

この長いビスを垂木の上から打ち込んでいきます。

 

垂木のビスが2種類あるのは、

 

登り梁の上にかかる垂木は180mmのタルキックで、

 

登り梁のない所は150mmのパネリードでJパネルに止めつけていきます。

 

ビスのピッチは455mmの間隔です。

 

この垂木の上に通気垂木を止め付けます。

 

 

通気用の垂木の施工がほぼ完了です。

 

厚みは断熱メーカー推奨の30mmあります。

 

天井断熱と違って屋根断熱は工程がすごく多いですが、

 

大変勉強になります。

 

今回の上野桜木の家は天井に化粧野地板のJパネルを使って表しになっているので、

 

天井断熱は使えません。

 

この夏の時期の屋根断熱の施工は体にこたえますが、

 

一生懸命に頑張っています。

 

 

屋根野地板の施工

 

通気垂木の上に屋根下地材の野地板12mmを施工して、

 

この野地板の継ぎ目にも気密テープを施工します。

 

これでようやく屋根工事が完了です。

 

途中雨で工事が出来なかったですが、

 

無事に屋根工事が終わってホットしています。

 

あとは屋根屋さんにバトンタッチです。

 

 

今日の私の施工ブログは終わりです。

 

また次回を楽しみにしていてください。

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。