• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

3階建てにも最適!2階リビングにする5つのメリット

一般的に1階に配置されることが多いリビングですが、都内の狭小地や3階建ての場合は2階にリビングを配置するプランもあります。

 

家族が最も集まる空間になるのはやはりリビングですから、どこに配置するのかが重要になってきます。

 

あえて2階にリビングを配置することで明るく開放的にすることができます。

 

今回は、2階にリビングを配置した時の5つのメリットをご紹介します。

2階にリビングを配置した時のメリット

2階リビングにした場合にどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

リビングを2階に配置した時の5つのメリットをご紹介します。

1 日当たり良好

2階リビングにすることで1階よりも日当たりが良くなります。

 

2階なので大きな窓やトップライトを設置しやすく、採光や通風を確保できて快適に過ごすことができます。

 

他にも、日当たりの良さだけではなく見晴らしも良くなるのが魅力です。

 

ですから、日当たりも良く見晴らしも良いので明るく開放的なリビングにすることができます。

2 狭小地に適している

2階リビングは周囲が建物に囲まれている狭小地に適しています。

 

都内の狭小地で1階にリビングを配置した時になかなか採光の確保などが難しく暗いリビングになってしまう場合もあります。

 

2階にリビングを配置すれば、狭小地でも明るいリビングが可能になります。

3 3階建てにも適している

先程もご紹介した狭小地と同じように3階建ては縦方向に空間を利用できるので2階リビングと相性がいいです。

 

3階建てで2階にリビングを配置することで3階は寝室にして、1階を居住空間ではなくガレージや店舗にすることも可能なので間取りの自由度が広がります。

4 プライバシーの確保

2階にリビングを配置すればプライバシーの確保になります。

 

リビングが1階にあって隣の家との距離が近い場合は、隣の家や通行人などの外からの視線が気になることがあります。

 

視線が気になるためリビングのカーテンを一日中閉め切ったままにしているというケースもあります。

 

ですから、2階リビングにして窓の位置も工夫すれば視線を気にせずに過ごすことができます。

5 天井高の確保

これは2階建ての場合に限られますが、リビングの上が屋根になるので天井を高くしやすいです。

 

他にも、屋根の形状を活かして勾配天井にすることで広々としたリビングにすることができます。

最後に

今回は、2階にリビングを配置した時のメリットについてご紹介しました。

 

リビングをどこに配置しようか迷っている方は是非、参考にしてみてください。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。