• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

いい家をつくって長く住む 長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは?

皆さんは「長期優良住宅」というものを聞いたことがありますか?

 

長期優良住宅にすることで補助金や住宅ローン控除などの制度で一般の住宅よりも多く恩恵を受けることができます。

 

今回は、長期優良住宅とはどのような住宅なのか、具体的な認定基準などをご紹介します。

長期優良住宅とは?

長期優良住宅とは、「いい家をつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」というストック型社会の転換の流れで、住宅の寿命を延ばす目的として平成21年に「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されるようになって、それに基づいた認定制度を受けた住宅の事をいいます。

 

分かりやすくご説明すると、長期にわたって良好な状態で長持ちさせる住宅を長期優良住宅といいます。

 

長期的に良好な住宅にするためには、維持管理やメンテナンスのしやすさなど必要な条件がいくつかあり、その厳しい基準を満たすことで認定を受けることができます。

9つの認定基準とは?

長期優良住宅の認定を受けるには、主に9つの認定基準をクリアしなければいけません。

 

9つの認定基準をご紹介します。

1 耐震性

極めてまれな大地震が発生した場合に対して、建物の損傷をなるべく抑えて改修が容易にできる耐震性が必要になります。

 

例えば、建築基準法で想定している1.25倍の地震でも耐えられる耐震等級2以上が必要になります。

2 省エネルギー性

省エネルギー性が確保されていることが基準になります。

 

これは、壁や天井、床、屋根、開口部など家全体の断熱性能を高くする必要があります。

3 劣化対策

住宅の構造体が数世代にわたり使用できる耐久性が必要になります。

 

おおよそ100年程度(3世代)を継続して使用できる耐久性が目安になっています。

4 維持管理・更新の容易性

構造体と同様に住宅の内装や設備も長く使わなくてはなりません。

 

しかし、内装や設備は耐用年数が短いので、清掃や点検、補修などが容易に行うことができる維持管理が必要になってきます。

5 居住環境

そこに住み続けるわけですから、その地域の住居環境の維持や向上に配慮が必要です。

 

ですから、その地域の景観などを乱すことなく調和することが大切です。

6 住戸面積

住みやすい居住を確保するために以下の面積が必要になってきます。

  • 一戸建て住宅:75㎡以上少なくとも1階の面積が40㎡以上
  • マンション:55㎡以上

 

ただし、この基準は地域によって様々で異なる場合があります。

7 可変性

この可変性に関しては、マンションなどの共同住宅に適用される条件です。

 

住まい手の将来のライフスタイルの変化により、間取りの変更が可能であることが求められます。

8 バリアフリー性

マンションなどの共用部分に適用される条件です。

 

高齢者が使いやすいように、バリアフリー改修が将来できるようなスペースが確保されていることが求められます。

9 維持保全管理

長期優良住宅を維持するために定期的な点検や補修などの計画を定める必要があります。

 

少なくとも10年ごとの定期点検が必要になります。

最後に

今回は、長期優良住宅についてご紹介しました。

 

家づくりをご検討中の方は参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。