• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

二世帯住宅が増えている理由は?3つのメリット・デメリット

二世帯住宅が増えている理由は?メリット・デメリット

ここ近年で、二世帯住宅を検討する方が増えてきています。

 

二世帯住宅が増えてきている理由は何なのでしょうか?また、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、二世帯住宅が増えている理由や3つのメリット・デメリットをご紹介します。

なぜ、二世帯住宅が増えているのか?

ここ数年で、特に首都圏を中心に二世帯住宅を考えている方が増加しています。

 

その理由としては・・・

  • 親の老後の事を考えて
  • 現在の住まいの老朽化
  • 子供の面倒を頼める
  • 家族が一緒に生活した方が安心
  • 家事などを協力できる

などの理由が多く挙げられます。

 

他の理由として子世帯の多くが抱えている悩みである収入の減少傾向によって自分たちだけでは新築を建てることが難しくなってきているのも理由のひとつです。

二世帯住宅のメリット

二世帯住宅にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

 

3つのメリットをご紹介します。

1 家事や育児をお互い協力できる

親世帯と子世帯が同じ家で暮らすことになるので、日常の家事や育児などをお互い協力できます。

 

特に、子世帯が共働きの場合ですと、親世帯に子供の面倒を見てもらえるので安心ですね。

 

親世帯も病気などの「いざという時」に近くに子世帯がいることで助けてもらうことができます。

 

他にも、二世帯で暮らしているので家を空けることが少なくなって、どちらかが旅行に出かけても留守番をお願いすることができます。

 

ですから、誰かしら家にいる状況が多いので防犯の面でも安心できます。

2 建築費用を抑えることができる

二世帯住宅では2つの世帯で家を建てるわけですから、場合によっては費用を抑えることができます。

 

例えば、親世帯が住んでいる家を建て替えて、子世帯が住宅ローンを組んで二世帯住宅を建てることができれば土地を新たに探して購入する必要がないのでその分、費用を抑えることができます。

 

他にも、建築費用を分担することによってそれぞれの負担額を減らすことができます。

3 安心感がある

やはり近くに頼れる身内がいることは安心感につながりますよね。

 

何かあった時もすぐに頼ることができてお互い助け合うことができます。

 

親世帯からしてみれば孫と一緒に暮らすことで成長を見守ることができますよね。

二世帯住宅のデメリット

二世帯が同居するわけですからデメリットも出てきます。

 

3つのデメリットをご紹介します。

1 価値観やライフスタイルの違い

二世帯が一緒に暮らしているとどうしても価値観やライフスタイルの違いが出てきてしまいます。

 

洗濯や掃除の仕方、料理の味付けといった細かいことでも徐々に溜まっていってストレスに感じてくることもあります。

2 生活のリズムが合わない

生活のリズムが親世帯と子世帯とではだいぶ違ってくる場合があります。

 

特に、働き盛りの子世帯と老後を迎えた親世帯では起きる時間や寝る時間、食事をする時間までも違う場合があります。

 

このように生活リズムが合わないとストレスを感じてしまうこともあります。

3 プライバシーが気になる

同じ屋根の下で暮らす家族といえどもプライバシーは気になりますよね。

 

物音や話し声が気になってしまいストレスになってきます。

最後に

今回は、二世帯住宅が増えている理由とメリット・デメリットをご紹介しました。

 

家づくりを考えている方は二世帯住宅という選択肢があることも覚えておいてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。