• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

狭小住宅ならではの知っておきたい5つの収納ポイント

狭小住宅の収納

狭い土地に建っている狭小住宅では収納スペースをどのように確保するのかが大きな悩みではないでしょうか?

 

たとえ、収納スペースを多く確保しても収納のやり方次第ではうまく収納しきれないなんてこともありますよね。

 

そこで今回は、狭小住宅ならではの5つの収納ポイントをご紹介します。

1 ベッド下を有効活用する

狭小住宅の収納においてベッドの下の空いている空間を使わない手はありません。

 

ベッドによっては最初から収納を目的とした「引き出し」が付いているタイプがあります。

 

しかし、引き出しが付いていない方が空間を自由に使うことができて、大きな物も収納できるので収納の幅が広がり便利ですよ。

 

何を収納するかによって、収納ケースのサイズも変わってくるのでベッド下のサイズを測ってそれに合ったものを選びましょう。

 

また、重い物を収納した場合には取り出す時に便利なキャスター付きの収納ケースを選ぶといいですよ。

2 キッチンの収納は「吊るす」

キッチンは収納スペースが多く必要な場所ですよね。

 

しかし、狭小住宅の場合はなかなか大きな収納スペースを確保しにくいこともあります。

 

ですから、キッチン用品を収納する時は「吊るす」ことがポイントです。

 

鍋やフライパンなどのキッチン用品は壁に吊るすことで場所を取らずに収納することができます。

3 壁面に見せる収納を

何でもかんでも無理に収納をする必要はありません。

 

壁などに物を飾る感覚で見せる収納をすることも立派な収納方法ですよ。

 

壁に棚を取り付けるなどして雑貨や本を飾るように置けば、収納にもなりますし、部屋全体がおしゃれになりますよ。

 

ここでのポイントとしては、飾る物のバランスを考えないと逆に見せすぎて散らかった印象になってしまうので飾るのに向いていないものは「しまう収納」を心掛けましょう。

4 目線よりも低い家具にする

部屋の家具はなるべく目線よりも低い物にすることをおすすめします。

 

なぜそうするのかというと、高さがある家具ばかりを設置していると圧迫感が出てしまい部屋が狭く感じてしまうからです。

 

ですから、多くの収納ができるからといって、背の高いタンスなどをいくつも設置してしまうと逆に部屋が狭くなってしまう可能性があります。

5 デッドスペースを探す

収納する場所がないと悩んでいる方は一度、部屋全体を見渡してみてください。

 

家具の間の隙間や上のスペースなど、探してみれば意外と使っていないデッドスペースがあるかもしれません。

 

狭小住宅の収納のポイントはデッドスペースをうまく活用することが大切です。

最後に

限られたスペースで収納がしにくい狭小住宅でもポイントをおさえておけばうまく収納ができます。

 

今回、ご紹介した5つのポイントを是非、参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。