• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

三階建ての家を建てるための間取りのポイント

三階建ての家を建てるための間取りのポイント

都内の狭小地では縦の空間を有効に利用できる三階建ての家が人気ですね。

 

ただし、間取りをよく考えておかないと暮らしにくい三階建ての家になってしまいます。

 

そこで今回は、三階建ての家を建てる前に知っておきたい間取りのポイントをご紹介します。

縦の空間を有効活用するポイント

縦に空間が広がっている三階建て住宅は、その縦方向の空間をうまく活用することがポイントになってきます。

吹き抜けや天窓

周囲が建物で囲まれている都内の狭小地などは採光が取りにくく、一階部分が暗くなってしまうということが多くあります。

 

そこで、三階建てならではの縦の空間を利用して吹き抜けや吹き抜けの上部に天窓を設置することで採光が確保できて、明るく開放感のある三階建てにすることができます。

ルーフバルコニー

他にも、縦の空間の有効な活用方法としてルーフバルコニー(屋上)があります。

 

日当たりが良く、眺めもいいので、様々な用途に使用することができます。

 

  • ガーデニングをする
  • くつろぎの空間に
  • 普段、干しにくい布団などを干す

 

など、人によって用途は様々です。

三階建ての間取りのポイント

三階建ての間取りで注意しなくてはいけないことは上下階の行き来です。

 

縦方向に空間が広がり、階層も増えるので上下階の行き来がどうしても増えてしまいます。

 

ですから、できるだけ上下階の行き来を少なくして階層ごとの用途に合わせた間取りを考えていくことがポイントになってきます。

 

階層ごとにどのような間取りが向いているのかをご紹介します。

一階の間取り

一階のスペースは階段を昇り降りする必要がないので、足腰が弱い高齢者が暮らすのに向いています。

 

特に、二世帯住宅の場合は親世帯が一階で暮らすパターンが多くあります。

 

他にも、居住スペースとしてではなく、倉庫やビルトインガレージなどといったスペースに利用することができます。

 

また、二、三階を居住スペースにして、一階の部分を店舗として利用することも可能です。

二階の間取り

二階にはリビングを持ってくることで明るく過ごすことができます。

 

日当たりや風通しが良いので家族が集まる場所に二階はピッタリです。

 

ですから、リビングと一緒にキッチンやダイニングなどのスペースを持ってくることで家族が最も集まる場所にすることができます。

三階の間取り

三階は日当たりや風通しが最も良好なので、寝室や子供部屋に向いています。

 

例えば、二世帯住宅の場合は子供世帯が二階をリビングにして三階を寝室にするパターンが多くあります。

 

また、趣味の部屋やロフトなどを設置して収納スペースを多く確保することも可能です。

最後に

三階建ての家で快適に暮らすためには階層ごとに用途に合った間取りを考えるようにしましょう。

 

今回、ご紹介した間取りのポイントを是非、参考にしてみてください。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。