• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

カーテンのサイズは?失敗しない幅と長さの測り方

カーテンを選ぶ時に初めにすることは、カーテンのサイズを測ることで、これはとても重要な事です。

 

サイズを間違ったやり方で測ってしまうとせっかく良いカーテンを選んでも台無しになってしまいますよね。

 

そこで今回は、失敗しないカーテンのサイズの測り方をご紹介します。

カーテンの幅の測り方

カーテンの横幅の測り方をご紹介します。

カーテンレールの幅を測る

カーテンの幅を測る時は窓枠ではなくカーテンレールを基準にして測ります。

 

ですから、カーテンレールの端から端までの長さを測っていきます。

 

ここでのポイントは、カーテンレールの端と言いましたが正確には端の動かない固定されたフックを基準にして測るようにしましょう。

 

ちなみに、測る単位はメートルではなくcmで測るようにしましょう。

測った横幅に3~5%上乗せする

カーテンレールの幅の長さが分かれば、その横幅に3~5%を上乗せします。

 

つまり、その測った横幅に×1.03と×1.05してそれぞれ計算しましょう。

 

こうすることで、その窓に合った理想のカーテンの幅になります。

カーテン幅の計算例

例えば、カーテンレールの横幅が100cmだった場合・・・

 

  • 100cm×1.03=103cm
  • 100cm×1.05=105cm

 

ですから、この場合の理想のカーテンの幅は103~105cmになります。

既製品は規格が決まっている場合も

オーダーメイドの場合は先程の計算した横幅で大丈夫なのですが、既製品の場合だと規格が大まかに決まっているので、細かくサイズを見つけることが難しいこともあります。

 

その場合は、計算した理想の幅の一番大きな数字に近いサイズを選ぶといいですよ。

縦の長さの測り方

幅を測ったら次は高さを測っていきます。

レールのフックから高さを測る

カーテンの長さを測る場合もカーテンレールのフックの下側を基準にして測ります。

 

掃出し窓のような床まであるタイプはフックから床まで測ります。

 

腰窓や出窓の場合はフックから窓枠の下側の部分まで測ります。

掃出し窓は床から1~2cmあける

掃出し窓の場合は床までの長さを測ってその数字が出たら、そこからマイナス1~2cmにすることがポイントです。

 

これは床につく長さにした場合は見た目も良くなく、ほこりも溜まり易いため、カーテンが床にギリギリつかない長さが理想的だからです。

腰窓や出窓は15~20cm長くする

腰窓や出窓の場合は、長さをピッタリにするよりもプラス15~20cm長くして下に垂らしましょう。

 

こうすることで、見た目の良さだけでなく、斜めから太陽光が差し込んでも防いでくれるメリットがあります。

最後に

今回は、カーテンのサイズの測り方をご紹介しました。

 

カーテンを選ぶ時にはサイズをきちんとした測り方で測ってから選ぶようにしましょう。

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。