• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

キッチンの床選び(無垢フローリング、タイル、クッションフロア)


こんにちは。

Web担当の四宮です。

キッチンの床はお料理中に水がこぼれたり油がはねたり様々な作業を行う場所なので、

他の部屋の床と比べると汚れやすいですよね。

また、長時間キッチンで立ったまま作業する主婦の方にとって床材選びは重要なポイントになってきますよね。

キッチンの床材を選ぶときは水に強く、傷つきにくいもの、お手入れしやすいもの、立っていて疲れにくいものを選びたいですよね。

床材にはいろいろな種類がありますが、今回は3つの床材をご紹介しますね。


■無垢フローリング

無垢フローリングでリビングに統一感を持たせる
桧のフローリングとおしゃれなホワイトのキッチン


無垢フローリングの特徴はなんといっても素材の持つナチュラルな木のぬくもりです。

裸足で歩くと温かみがあって足触りが心地良いですよね。

無垢材なので傷もつきにくいですよ。

また、人気の対面式キッチンなどでLDKがひとつの空間の場合にリビングやダイニングとの統一感を持たせることができます。

ただ、無垢の木なので水が染み込みやすく小まめなお手入れが必要ですよ。


■タイル

お手入れ楽なキッチンタイル
おしゃれなタイルばりのキッチン


汚れに強く、お手入れもしやすく、耐久性も高いタイルは色やデザインも豊富なのでおしゃれなキッチンにしたい方にはおすすめです。

ただし、目地の汚れには注意してください。

色付きの目地や、タイルを大きめのものにして目地を少なくすれば汚れにくいですよ。

冬は足元が冷えるので暖房対策が必要です。

商品によっては床暖房に対応しているタイプもありますよ。


■クッションフロア


クッションフロア(CF)は表面がビニール材でできているので、耐水性に優れた床材です。

裏にクッション材が貼り付けてあるので適度な弾力性で足や腰にかかる負担が少ないですよ。

ただ、熱には弱く熱湯をこぼしたりするとクッションフロアが溶けることがあります。

それと、デザインによっては安っぽく見えてしまうことも。


■最後に


機能性で選ぶのはもちろんですがインテリア性も重視して、

なにを基準にして選んだらいいのか分からなくなってしまうことありませんか?

その時は機能性で選ぶか、インテリア性で選ぶか優先順位をハッキリさせておくことも床材選びをする上で重要なポイントですよ。

「来客が多いのでおしゃれなキッチンにしたい」「日々のお手入れをラクにしたい」など、

なにを重視するかを確認して自分のライフスタイルに合った床材を選びましょう。



では次回もお楽しみに。


小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。