• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

天井を支える野縁


昨日は日曜日なのに朝から雨が降ったりやんだりでパツとしなく終日どんよりしていましたね。

やはりお休みの日は晴天がいいですよね。

さて中央区の木造耐火の新築現場では大工さんがスケールで室内の高さを測っていました。

これから野縁と呼ばれる部材を取り付けるのですが、

この部材は構造材の梁からつるして天井を支えるためのものです。


天井野縁1
天井野縁2


各階の仕上げとなる天井高さの内法寸法を確認して、

外周部から野縁を取付けていきます。

木造耐火の場合にはこの天井野縁の断面寸法が45mm×45mmと通常の野縁より大きいです。

天井の強化石膏ボードがすごく重いのでこの寸法になっていると思いますが、

その分組みあがってみるとがっちりとした野縁になっています。


天井野縁組1
天井野縁組2


天井野縁が取り付けられてくると石膏ボードを貼るので徐々に構造材の梁が見えなくなってきます。

梁を見せることができればデザイン的にもすごく見栄えがするのですが木造耐火の場合にはそれはできません。

天井の野縁組の作業が続きます。


小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。