• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

杉の木と鹿島神宮


こんにちは

土手加藤スタッフの四宮です。

皆さん、GWはいかがお過ごしでしたか?

今日から仕事の方も多いと思います。

私はというと地元の茨城にある鹿島神宮に行ってきました。

そこで今回は鹿島神宮の杉の木についてご紹介したいと思います。


鹿島神宮1
鹿島神宮2


入り口には杉の巨木を用いた大鳥居があります。

この大鳥居はもともとは御影石を使用していて、

国産の花崗岩の鳥居では日本一だったそうです。

しかし、東日本大震災が発生した際に根本に亀裂が入り、

倒壊してしまったそうです。

その後、木造で新造することが決まり、

境内にある杉の木を4本切り出して用材として、

大鳥居の再建が行われました。

そして震災から3年後の平成26年6月1日、無事に竣工しました。


鹿島神宮3
鹿島神宮4


境内を歩いていると大鳥居の笠木に使用された杉の御用材の切り株がありました。

近くで見てみるととても大きかったです。


鹿島神宮5
鹿島神宮6



左の写真の杉の木は、この鹿島神宮のご神木です。

鹿島神宮の森で最も古く、大きい木で、

高さ約40メートルに及び、樹齢は約1300年だそうです。

大きすぎて全体がカメラに収まりませんでした。

右の写真は大鳥居をくぐった先にある楼門です。

この楼門は日本三大楼門の一つに数えられ、重要文化財に指定されているそうです。

江戸時代(1634年)に奉納され、

なんとここ浅草で130人余りの大工が切組みしたのち、

船筏で運んで組み立てたそうです。

浅草と鹿島神宮にこんな繋がりがあるとは知りませんでした。


鹿島神宮7
鹿島神宮8


最後に鹿園の写真です。

なぜ鹿がいるのかというと、

奈良の春日大社を創建する際に、鹿島神宮の御分霊を鹿の背に乗せて運んだことから

鹿島神宮では鹿を神鹿と呼び、大切にされているそうです。




今回はここまでです。

では次回もお楽しみに。


小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。