• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

ウェザータイトと水切りシートでバルコニー笠木の防水対策も安心です


外壁工事が続いている台東区の2階建て準耐火構造の現場では、

バルコニーの立ち上がりの部分に透湿防水シートの施工が完了したので、

バルコニーの天端に水切りシートと、

コーナー部分にウェザータイトを取付けて防水対策をしています。

バルコニーの床のFRP防水工事はすでにこの現場レポートでもお伝えした通り完了していますが、

この防水対策はそれ以外の細かい部分の防水対策ですが、

漏水箇所が最も多い部分なのできちんと対応しておきます。

この辺の工事も完了してからでは見えなくなりますが、

重要な防水対策です。

バルコニー防水1
バルコニー防水2


バルコニーの天端と立ち上がりに透湿防水シートを貼り終えました。

バルコニー防水3
バルコニー防水4


その上に水切りシートをバルコニーの天端を覆うように取り付けます。

この水切りシートは内部が2層構造になっていて、

高い防水性と収縮性を持ち、

アルミの笠木を取付ける際のビス穴からの雨水の浸入を確実に防御します。

これで、バルコニーの天端の漏水対策は万全です。

ウェザータイト施工画像1
ウェザータイト施工画像


次にバルコニーのコーナーと外壁とのつなぎの部分にウェザータイトを取付けます。

この外壁とのつなぎ部分が最も漏水が多いので、

ウェザータイトで雨水の侵入を防ぎます。

ウェザータイトは防水テープでしっかりと止めつけて作業が完了です。

この作業をすることでバルコニーからの漏水の心配はなくなります。


住まいの安心と安全のための作業は出来てからでは見れなくなることが多ですが、

それだけにしっかりとした施工対策が必要です。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。