• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

2015年2月フラット35と住宅ローンの金利


先月史上最低金利を更新したフラット35ですが、

2015年2月の金利はどうなったでしょうか。

フラット金利2015 2月


なんと今月の金利は… 1.37 (借入期間21年以上)


先月をさらに0.10%下回る最低金利です。


今月もやはりフラット35の金利は下がりましたね。


フラット35S利用の場合、△0.3%で 1.07%となります。



ところで、住宅ローンの金利の種類ってどのくらいあるんですかね。


細かい違いは別として一般的に大きく分けて、


「全期間固定金利型」、「固定期間選択型」、「変動金利型」


の3種類あるといわれます。


全期間固定金利型、フラット35がこの範疇に入ります。


返済が終わるまでの借入期間中は金利が一定で、


返済期間全体が同じ金利なので、


景気の変動に左右されません。


なので返済計画を立てやすいのが最大の利点です。


ただし今月のように、市場の金利が低下しても、


自分の金利は変わらないのが悲しいところです。

次に固定期間選択型は、

ある一定期間は固定でその後変動金利に移行するという金利で、

子どもの教育費など出費が多い時期に備えて、

計画的に返済したい場合に選択する人が多いようです。

固定期間が終わると金利の見直しがあるので、

契約した金利に不満がある場合は、

借り換えを検討するのも一つのアイデアです。


最後に変動金利型は、

借入期間中は金利が常に変動するというもので、

市場の景気に左右されるといわれています。

現状でも大手金融機関でも変動金利の住宅ローン金利はすごく低いです。

一般的に、

金利の見直しは半年とされています。


いずれにせよ、

現状の住宅ローンの金利は過去経験したことがないほどの低金利です。

家づくりを検討中の方にとっては朗報ですが、

どの種類の金利を選択するかはその人自身です。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。