• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

基礎立ち上がり生コン打設 台東区 木造耐火3階建て

台東区 木造3耐火階建て住宅は基礎工事です。

 

ベース生コンが完了して、基礎立ち上がりの型枠がセットしたので、基礎工事の最終の基礎立ち上がり生コンの流し込みです。

 

生コンの流し込みの事前仕事として重要なのは、発注された生コンが設計図書通りの強度、及びスランプになっているのかを、現場にて到着した生コンの納品書で確認します。

 

また、前日までにセットされたホールダウンやアンカーボルト等の基礎金物が所定の位置にきちんとセットされているのかを1本、1本確認します。

この作業は非常に重要で、特に木造在来軸組み工法では「筋違い」が耐震用の部材として各所に取り付けられますので、この「筋違い」がセットされる場所のホールダウン金物の位置は特に注意が必要になります。

 

 

 

準備が完了したら、生コンを型枠内に流し込んでいきます。

 

生コンの打ち込み時、鉄筋やスリーブ管などの位置をずらさないように気を付けます。

 

生コンの打設作業はすべて一度に流し込みます。

 

 

生コン打設完了後は、基礎トップの天端を平らに仕上げて、基礎に糸を張り高さを合わせます。

 

最後に、コンクリートを打設後に型枠の倒れやホールダウン・アンカーボルト等の倒れがないかを確認します。

 

基礎立ち上がり工事終了です。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。