• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

防火地域・準防火地域と建物

お客様と打ち合わせをしてよく質問を受けることの一つに、「防火地域」と「準防火地域」のことがあります。

 

台東区はそのほとんどが防火地域に指定されているので、家づくりを検討し始めて最初にぶつかる疑問がこの防火指定の規定なのかもしれません。

 

この防火地域と準防火地域で、仮に3階建て住宅を建てる際には建物の耐火に関しての規定はかなり違い、防火地域の方が建物に対しての耐火性能が準防火地域よりも厳しくなります。

 

住宅密集地とか商業地域など市街地の中心地域は「防火地域」に指定されていることが一般的で、防火地域では2階建ての建物を建てる際には、最低でも「準耐火建築物」にする必要があり、防火地域で3階建て以上、または延べ床面積が100㎡を超える建物は「耐火建築物」にする必要があるんです。

 

一方、この防火地域の外側の地域は「準防火地域」に指定されていることが多いのですが、準防火地域に木造で一戸建て住宅を建てる場合には、2階建て以下の建物でも隣地から一定の距離で延焼の恐れのある部分の外壁や軒裏などは「防火構造」とする必要があり、3階建てまたは延べ床面積が500㎡を超えて1500㎡以下の建物は準耐火建築物または耐火建築物とする必要があります。

 

簡潔に言うと、「防火地域」で3階建てを建てる場合には耐火建築物以外は建てられなく、「準防火地域」では準耐火建築物でも建てられるということです。

 

近年、木造でも耐火建築物が建てられるようになり、防火地域でも3階建て住宅が可能になりました。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。