• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

木材利用ポイントの反響

先日ある木材生産者の社長さんとアポイントがあり、そこでの会話の内容の一つに「木材利用ポイント」について話す機会がありました。

 

実際に、都内ではあまり知られていないような感がある「木材利用ポイント」ですが、新木場の木材問屋からもまったくこれについての問い合わせはないという、まったくもって寂しい話が多いのですが、それは東京都内だけで、地方や東京近郊ではすごい反響のようで、その社長さんから聞いた内容はビックリする内容のものが多かったです。

 

いままででは、構造材を集成材を使用していた工務店やハウスメーカーが、「木材利用ポイント」を機に国産の「杉」を採用していて、供給が追い付いていないようなのです。

 

この話には、正直ビックリしました。

 

都内の木材問屋や木材市場なども杉やヒノキの柱が山から来ないそうで、需要過剰な分一本当たりの柱の単価も高騰していて商売するうえでも頭を痛めているようです。

そりゃそうですよね。

 

国が国産材の底入れの為に始めた、「木材利用ポイント」が実際の市場では混乱を招いているという実態が浮き彫りになりました。

 

国が行う政策を批判するつもりは全くなく、現実に国産材が見直されるということは大変ありがたいのですが、一つの政策を打つと一気にその方向に右へならえはいかがなものかと思います。

 

国産材の建築資材としての優れていることや、利点などをもっと時間をかけながら続けないと、このポイント制度が終わったらまた元の通りになってしまうのではないかと少しばかり危惧します。

 

当然これが一過性にならないように我々家づくり工務店を一層アピールしていかなければなりません。

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。