• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

無垢の木でつくる 台東区 木造3階建て耐火建築物 墨塗り

無垢の木でつくる 台東区 木造3階建て耐火建築物 墨塗り

上棟したので、現場では大工工事が進んでいます。

 

現場作業とは別に、「間柱」と「筋違い」を木工事で使う前に下小屋(弊社作業場)にて墨塗りをしました。

 

基礎にはすでに塗り込まれていますが、この墨塗りはシロアリ対策で塗るもので、別に床下の湿気対策の面も多少あります。

 

この墨は建築基準法で明記されている、いわゆる「土台」、「柱」等の1mラインまでの「防腐・防蟻処理」ではありません。

土手加藤では、柱と土台は「桧(ひのき)」を使用していますので、上記建築基準法の「防腐・防蟻処理」の必要はありません。

桧(ひのき)は、「長期優良住宅」や「フラット35」でも決められていますが、高耐久樹種に指定されています。

 

無垢の木でつくる 台東区 木造3階建て耐火建築物 墨塗り画像1
無垢の木でつくる 台東区 木造3階建て耐火建築物 墨塗り画像2

さながら、巨大な桧(ひのき)の「スノコ」か「デッキ」といった感じですかね。

 

初めに間柱と筋違に墨を塗って、一晩乾燥させてから2回目を塗ります。

そうすると、表面が真っ黒になります。

囲炉裏のある古い家や旅館の梁や柱が黒光りしている光景と同じですね。

 

下小屋は、桧と墨の香りでいっぱいでした。

 

次は、柱と土台の墨塗りです。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。