• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

台東区 木造3階建て耐火建築物 屋外給排水工事

基礎工事が終了して、基礎を乾燥養生して上棟するまでに屋外給排水工事を行います。

 

この屋外給排水工事は建て替え工事で新築する際に、外部の給水管や配水管を新規で設置する工事です。

 

古い配管等は解体工事の時点ですべて撤去しますので、新たに給排水管を設置する必要があります。

 

上棟する時点では、周囲を仮設足場で覆いますので先行してこの工事をする必要があります。

 

また、新築する土地が広い場合には仮設足場を撤去してからでも可能ですが、東京都内のように敷地いっぱいに建てる場合には、先行して工事しておきます。

 

 

台東区木造3階建て耐火建築物 屋外給排水工事画像1
台東区木造3階建て耐火建築物 屋外給排水工事画像2

設計図にもとづいて、基礎廻りの土を掘り起こしていきます。

 

給水・給湯管立ち上がり位置と配水管立ち上がり位置を確認しながら進めていき、所定の位置にそれぞれ埋設管を敷設します。

 

埋設管の敷設に関して、配水管は勾配が重要になるので、道路までの距離等を勘案しながら進めます。

 

 

台東区木造3階建て耐火建築物 屋外給排水工事画像3
台東区木造3階建て耐火建築物 屋外給排水工事画像4

最終排水升管底の最深部を計測し、設計GLを確認して、各排水管出口と最終排水升管底に必要な高低差を確保できているかを確認したうえで配水管、排水升の施工していきます。

 

配管終了後に、配管の口にプラグを取り付けて養生します。

 

これで、屋外給排水工事は終了です。

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。