• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

建築資材としての無垢の木

家づくりに使う無垢材

注文住宅ブログ画像 無垢材の木

少し前までは、「防火地域では木造の家は建てられないんじゃないの?」

という、質問が色々な方とお話しする中で耳にしました。

最近では、ようやく少しづつ認知されてきたようですが、まだまだ都心では無垢の木の家づくりを忘れられているように思います。

 

東京の都心であっても無垢材を使った家づくりにこだわる。

 

無垢の木が建築資材に大変優れていることはよく言われますが、材木商としての専門屋からしてもこのことは事実と言るのです。

 

無垢の木は、山で何十年時には何百年という期間を大地に根を生やして立木でいます。

 

無垢の木は大地から水分を吸収して、根を張り、葉を付け、驚くほどにゆっくりした速度で成長します。

 

そこである時期に、山で立木から伐採され、切り倒されてから山からそのまま状態で下され貯木場にて集められます。

 

そして、原木として管理され、この状態で一定期間乾燥期間を設けます。それから、建築資材として様々に製材されるのです。

 

実は、無垢の木は立木から製材をされて建築資材となってからも呼吸をし続けます。

 

その証拠に、杉や桧などの無垢の柱は製材されてから少しの期間が過ぎると、表面に「割れ」が発生します。

 

これは何を意味するのかというと、木が呼吸をすることで乾燥・収縮を繰り返すことにより発生する現象です。

 

この現象が無垢の木が持つ最大の特徴であり、最高の建築資材と呼ぶにふさわしい根拠と言えます。

 

昔の家が長持ちした理由の一つとして挙げられるのが通風と言えます。

 

昔の家は木製の建具やサッシで作られていたため、いわゆる隙間風と呼ばれる空気の通り道があったわけです。

 

つまり、風通しを良くすることで湿度を貯めないで一定の湿度を保てたからと言えます。

 

しかし、現代では良い・悪いは別にして気密性の高い住宅がほとんどであるために、隙間風というものは全く無いとも言えます。

 

特に土台、柱や梁などの構造材は仕上げ材の下に隠れて見えなくなってしますので、空気の対流が無くなってしまいます。

 

無垢の木は、このような現代の建物においても自身で呼吸をするという特徴があるために自然と湿度調整をしてくれます。

 

建物を長く使うという観点でも、無垢の木は最高の建築資材と言えます。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。