• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

敷地調査

今日から8月が始まりましたが、暑い日々が続いてますね。

それでも、今週はわりと過ごしやすい感じているのは私だけでしょうか?

 

7月の後半の先日は、お客様の敷地調査に行ってきました。

建物を建てる前の準備段階なのですが、意外と行うことも多いのです。

 

お客様から頂いた謄本の写しをもとに現地に出かけてみて、実際に土地と照合します。

ここで重要なのが、敷地の境界線確認です。

謄本に明記されている、境界を一つ一つ確認します。

道路と敷地との境界や、隣地の方との境界の確認を確認します。

草木が生い茂っている場合には、この作業は大変になりますが、何とか入り込んでそれぞれのポイントを確認します。

 

 

敷地調査画像

次に、役所に行って敷地にかかわる各種の制限を確認します。

 

確認することはおおむね決まっていますが、次のようなことを確認します。

 

●道路の法的条件

 前面道路の道路幅員の確認。幅員は道路斜線や建築できる大きさに関係してきます。

 

●用途地域

建ぺい率や容積率、斜線制限、高さ制限などに関係があるので重要です。また、隅切り指定の有無も確認します。

 

●高度地区

斜線制限や高さ制限に関係してきます。

 

●防火地域・準防火地域

東京都内は準防火地域以上になりますが、防火地域となると木の家の場合は外部仕上げ材等に制限があります。

特に防火地域の場合には、構造材の柱や梁を化粧として見せることはできませんので、少し注意が必要になります。

 

その他、景観地区や建築協定、日影規制等の確認を役所で確認します。

 

これらのことを理解してからプランの作成に入ります。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。