• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

地盤調査 台東区 木造耐火建築物

地盤調査 (台東区防火地域 3階建て木造耐火建築物)

 

台東区 3階建て木造耐火建築物の地盤調査を先日行いました。

 

調査方法は、「スウェーデン式サウンディング試験」(SS試験)です。

 

木造住宅の場合には地盤調査に、このSS試験が最も多く採用されています。

 

先端にヤジリ状のスクリューポイントを取り付けた鋼管棒を地中にねじ込んでいき、1mねじり込むのに必要な半回転数を測定するという方法です。

 

敷地内に建てる予定の建物の外周部の隅4点と、平面上の中心点に1点、合わせて5ポイントを選定して地盤調査します。

 



地盤調査画像1
地盤調査画像2

上の画像が敷地奥の東南、東北の2点。

 

 

地盤調査画像3
地盤調査画像4

上の画像は敷地手前側の西北、西南の2点。

 

地盤調査画像5

最後の画像が建物中心部分の調査画像です。

 

スウェーデン式サウンディング試験は、地表面から大体10m程度(場所によっては10mまでいかない場合もある)までの地盤の硬軟、または、閉まり具合を判定するとともに、地中の土層構成を推定する事を目的としています。

 

3階建て住宅の場合確認申請の時に構造計算書を一緒に提出します。

地盤調査にもとづく地盤調査結果も必要になりますので、非常に重要になります。

 

この地盤調査の結果は、基礎の構造に大きく影響しますので非常に重要になります。

また、地耐力が足りていないと地盤改良工事になります。

 

とりあえず、蒸し暑い中地盤調査を無事終了しました。

 

【地盤調査の必要性】

 

建物を支える基礎の構造は、当然ですが建物上部構造を支えるので安全でなければなりません。

 

適格な基礎構造の設計を行うには、その基礎を支えている建設予定の地盤をよく知ることが大切です。

 

現行の建築基準法では、対象の建設予定地の地盤の強さ(地耐力)と上部構造を支える基礎の関連を明確にする規定があります。

 

なので、地盤調査はこの地盤の強さ、つまり地耐力を求めるために行います。

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。