• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

住宅ローン減税 現金給付もある模様

住宅ローン減税

 

前回の住宅ローン減税からもう少し詳しいことがわかりましたので、

 

その辺を書いてみたいと思います。

 

 

 

2013年末に打ち切られる予定の住宅ローン減税が、

 

2013年末から4年間延長されることが昨日の国会で決まりました。

 

 

概要は消費税が上がるタイミングで最大控除を、

 

一般の住宅で10年間で400万円。

認定住宅(長期優良住宅や低炭素住宅)では、

 

最大500万円に引き上げられることが決まりました。

 

 

このように、今回の税制改正では住宅を取得する場合、

 

借入が多いとメリットは多いです。

 

逆に言うと、借り入れが4000万円以上ないと

 

あまりメリットがないような気もします・・。

 

 

ただし、今回の住宅ローン減税では、最大控除額まで

 

そのメリットを受けられるような工夫もされるようです。

 

ここが注目です。

 

 

通常年収が600万円くらいの家庭では、年間の所得税額は

 

大体30万円に満たないので、最大控除には届きません。

 

なので、残りの分は住民税から控除ということもありますが、

 

これにも限界があって、

 

現行の住民税では最大で97,500円ということになっています。

 

そこで、今回の新住宅ローン税制では、

 

この住民税を136,500円まで引き上げられることがまず一つ。

 

 

そして、それでも最大控除額まで届かない場合には、

 

現金給付ということになりそうです。

 

 

つまり、年収が低い世帯でも、

 

最大までメリットが受けられるように仕組みが変わるようです。

 

 

これなら、公平感がありますよね。

 

この辺の対応策が今回の住宅ローン減税の大きな変更点といえます。

 

 

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。