• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

心地良い住まいの為の設計

外観について

外観はその家の顔ともいえるのでこだわりたいところです。

使用する外壁材はそとん壁を含めたモルタル、ガルバリウム鋼板のメインにしています。

一部レッドシダーなどの羽目板も使用します。

都心の狭小地では軒を出せない事が多いので軒を出せる場合にはそとん壁、軒が出せない場合にはガルバリウム鋼板を選択することにしています。

そとん壁を使用する場合にはサッシ廻りの汚れ防止の為にサッシ下部に水切りを付けるようにしています。

ガルバリウム鋼板を使用した外観
ガルバリウム鋼板を使用した外観
そとん壁を使用した外観
そとん壁を使用した外観

設計基準について

耐火構造と準耐火構造については基本的に天井高さを2,221㎜としています。

準防火地域での2階建てなどの外壁防火構造については天井高さを2,205㎜としています。

これはサッシ上端高さH=2,200㎜から5㎜チリで天井高さを設定しているためです。

勾配天井や吹き抜けがある場合には、一部分の天井高さを2,100㎜として空間にメリハリをつけるようにしています。

これは限られた空間の中で、低い場所から高い場所へ足を踏み入れた時に、より空間の広がりを感じることが出来るからです。

また、住宅地域での高度斜線が厳しい地区での3階建てなどは天井高さを2,100㎜にすることが多いです。

選択した天井高さから梁の断面寸法を各階で決めて建物の軒の高さをミリ単位で割り出します。

基本的に土手加藤では軒の高さを低く抑えるようにしています。

建物の軒高さを低く抑えることで落ち着いた外観にまとめるようにしています。


開口部について

玄関ドアは木製とアルミ樹脂複合を使っています。

木製玄関ドアについては気密性を考慮しています。

紫外線や雨対策などメンテナンスを考慮してオスモカラーを2回塗りしています。

サッシは断熱性能にも絡む大切な部位。

アルミ樹脂複合で熱還流率は2.33[W/(㎡・K)]を選択。

ガラスはLOW-E複合。

サッシの取り付高さは設計基準と絡みますが天井高さと揃えるようにしています。

開口部と天井高さを揃えることで洗練された空間にするようにしています。

また外観とのアプローチは、基本的に開口部は上下方向に連続するようにしています。

開口部の上に開口部を設けることで外観をスッキリとするようにしています。

通風を考慮してサッシはウインドキャッチャー(縦すべり窓)を極力選択するようにしています。

都心の狭小地でパッシブデザインを確立するためにはウインドキャッチャーの活用は不可欠と考えます。

木製玄関ドア
木製玄関ドア
開口部と天井高さを揃えることで洗練された空間に
開口部と天井高さを揃えることで洗練された空間に

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。