• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

防火地域・木造耐火3階建て住宅 HAUS

HAUSは防火地域における木造耐火建築物での3階建て住宅です。

 

防火地域において以前は、建物の構造は原則としてSRC造(鉄筋・鉄骨コンクリート造)やRC造(鉄筋コンクリート造)やS造(鉄骨造)など耐火建築物としなければなりませんでした。

 

ただし、防火地域でも

地階を含む階数が2以下で、かつ、延べ面積が100㎡以下の建物は準耐火建築物として建てることはできます。

 

防火地域での木造2階建てがこの範囲内になります。

 

2階建ての準耐火建築物しか建てられなかった木造住宅ですが、

近年、一定の耐火性能があるものとして国土交通大臣の認定を受けたものであれば、防火地域においても木造耐火建築物での3階建て住宅を建てることが可能になりました。

 

木の家づくりをしている土手加藤材木店にとっては、大変喜ばしく感じています。

 

土手加藤が元々材木商だからではないのですが、実際に木造で建てたいという方は比較的多いと思います。

 

このことは普段お客様とお話ししていて感じる事実です。

 

ただし、防火地域内では木造耐火建築物での3階建て住宅のご要望に応えられなかったのが現実でした。

 

また、土地が狭小の場合、新しく家づくりをする際には3階建て住宅を希望される方が多いのが現状です。

 

この大臣認定による木造3階建耐火住宅が確立するまでは、防火地域ではRC造やS造など非木造でしか3階建ての新築の家を建てることはできませんでした。

 

 

今後、防火地域での木造耐火建築物での3階建て住宅の認知度が上がり、3階建てまでは普通に木造で建てる方が増えることを期待しています。

 

そして、一人でも多くの方々に「木の家」の良さを理解していただければ大変うれしく思います。

 

また、木造耐火建築物による3階建て住宅は鉄骨造や鉄筋コンクリート造などに比べてコストパフォーマンスに優れていますので、防火地域での3階建て住宅を検討されている方にとっては、家づくりの選択肢が増えるものと思われます。

 

防火地域での注文住宅を検討される方にとっては喜ばしいことですよね。

 

この防火地域での木造耐火建築物による3階建て住宅がHAUS(ハウス)です。

 

木造耐火建築物での3階建て住宅により、今までの防火地域における狭小地での空間設計をより自由なものとし、快適な暮らしのご提案が可能になりました。

最後に防火地域の事について説明します。

 

防火地域とは、都市計画で定められた地域地区の事。

都市計画法上において、市街地における火災の危険を防除するために定める地域地区のひとつで、防火地域と準防火地域に分かれます。

防火地域・準防火地域では、建築基準法によりそれぞれ建物に対しての規制内容があります。

 

都心における市街地や駅周辺、大きな幹線道路沿いなどでは、商業ビルや高層マンションなどが立ち並び、火災の際には大惨事になる可能性があります。

例えば、大きな幹線道路沿いの建物が火災になったりすると、道路が火災により封鎖されるなどの影響があるために、火災に対しての構造を厳しく規制しています。

木造耐火3階建て施工事例
木造耐火現場ブログ

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。