• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

2013年

8月

31日

浅草観光紹介 浅草サンバカーニバル開催

本日打ち合わせでお客様のところに向かっている途中、何か浅草周辺が混んでるなーと思っていたら、そうでした・・・

 

浅草サンバカーニバルが開催されています。

 

この暑い時期に恒例の浅草サンバカーニバルです。

 

どうりで、混んでるはずですね・・・。

 

浅草とサンバでは、何か不釣合いのような気がしますが、参加している人たちからすれば、どうでもいいことですよね。ハイ。

 

カーニバル会場は遠目からでも、活気にあふれていて、真夏の炎天下で様々なパフォーマンスで会場を盛り上げていました。

 

いやー、それにしても暑いですなー。

 

続きを読む

2013年

8月

29日

構造設計セミナー参加しました

本日は都内で構造設計セミナーが開催されましたので参加してきました。

 

このセミナーは「日本住宅・木造技術センター」主催のセミナーで、今回は構造設計が講義内容で、朝から夕方まで一日通してのセミナーでした。

 

構造設計は建物の安全性を確認するための大切な分野ですので、知識の習得とレベルアップのために出席しました。

このセミナーは構造設計専門の方だけでなく、デザイン設計の方もたくさん参加しています。

セミナー会場でお隣になった方もデザイン設計の方で、やはり、構造設計のスキルアップのために参加したようです。

 

セミナー内容は大学時代に学んだ構造力学や、実際の実務における構造設計まで大変広い項目にわたりましたが、大変勉強になりました。

 

これからも、定期的にセミナー参加しようと思います。

 

 

 

続きを読む

2013年

8月

27日

完成・引き渡し完了

杉並区・無垢材の家 完成・引き渡し完了

 

昨日は、杉並区のお客様の家が完成して、無事に引き渡しが完了しました。

 

解体・着工から5か月の期間でしたが、事故もなく無事にお施主様に引き渡しが完了できて良かったです。

 

桧4寸角の土台と柱で建てた「無垢材の家」で、珪藻土と桧の床を気に入ってくださいました。

 

今回は残念ながら見学会は開きませんでしたが、次回10月ごろに見学会を予定していますので、ぜひご参加ください。

 

 

 

 

続きを読む

2013年

8月

23日

木材市場視察

昨日は、千葉県の浦安にある木材市場に久しぶりに視察に行ってきました。

 

本当は毎週顔を出したいのですが、色々時間が取れなくて約2か月ぶりとなってしまいましたが、市場の皆さんはこの猛暑の中でも元気でお仕事していました。

 

数多くの無垢の木が立ち並んでいて、相場や無垢の木の動向など市場の方からたくさん学ぶことができます。

 

今回は、今進行中の注文住宅の現場の材料の選定と足らない材の補給もかねての視察です。

 

ここにきて思うのですが、無垢の木の需要がなかなか回復していないなーというのが素直な実感です。

 

ハウスメーカーが様々な方法で家づくりの工法を簡略化しているのは、漠然たる事実です。これはこれでよいのかもしれませんが、町場の工務店がこうようなスタイルをとることは資本の面からも難しいです。

 

やはり、我々工務店が選択するべきは、家づくりに対してきちんとした独自の安全基準と時代の流れに沿った柔軟性、最後は個々のこだわりやオリジナリティーしか無いような気がします。

 

それには、工務店や材木店がもっと木の良さを様々な形でアピールする必要があります。

 

家づくり全体をすべて無垢の木を使うという発想ではなくて、適材適所、またはデザイン性などにフォーカスして、木を使うことからでも初めて見ることもいいのではないかと思います。

 

 

そんなこんなで、半日近く市場で時間を過ごしていましが、この市場に来ると、無垢材の知識の習得以外に様々な事を考えさせられます。

 

続きを読む

2013年

8月

22日

住まい給付金

国土交通省は消費税引き上げによる、住宅取得の駆け込みやその後の落ち込みを緩和する対策を今月の8月1日にその内容を公表しました。

 

ようやくといった感じですかねー。

 

時間がかかりましたね。

 

建て替えを含めて、住宅を取得するときに、当然ですが消費税率によってそのかかる費用(建設コスト)は大きく変わります。

 

最近のニュースや新聞などでも、消費税のことが大きく報道されていますが、引きあがる場合にはその反動も起きます。

 

景気にも影響があるこの2つの対策の一環が今回の発表です。

 

個々の収入によって、今回の住宅ローン減税の効果はまちまちという指摘がある中で、打ち出したのが「給付金制度」です。

 

この給付金の制度発表で不公平感に関して、まだ依然として差は残りますが、確かに不平等感は減ったような感じです。

 

そこで、国は今回の給付金制度の概要をまとめたホームページを開設したので、資金計画にもなりますのでぜひ皆さんもご覧になってください。

 

国土交通省「すまい給付金」  http://sumai-kyufu.jp

 

 家づくりを検討している方には、いろいろ考えることが多いですが、参考になるといいですね。

 

 

続きを読む

2013年

8月

17日

ヨーロッパの家から学ぶ日本の家

連日猛暑が続いていますが、東京はお盆休みのおかげで、車はすごく空いていますね。

普段からこんなに空いているとありがたいのですが・・。

 

そんな中現場に向かう途中で、ある大使館の前を通ったのですが、外観が周囲とよくあっていました。普段は気が付かないのですが、人も車の通りも少ないせいか、そのきれいな外観がひときわ目に写りました。

 

建築雑誌なんかで見るヨーロッパの街並みは、外観デザインや外装に使われている素材が統一されて、美しいですよね。

 

アメリカも同じで、街並みの雰囲気を壊すことがないようメンテナンスをし、木や芝生のお手入れをしています。

 

日本では家ごとに外観のデザイン、雰囲気、まったく違います。

 

アメリカやヨーロッパの住宅が、何十年と経っても古く感じないのは、もしかしたらデザインや素材に、日本のような流行がないからかもしれないですね。

定番がずっと長い間愛されているということでしょうか。

愛着を持ち手入れしていけば、古さは風合いや魅力に変わります。

 

定番といっても、アメリカとヨーロッパでは違いますよね。


それは、その土地の気候風土や文化に適した素材とデザインが、受け継がれているからなのでしょう。


日本にも、そのように受け継がれてきたものが、それぞれの地域にあるはずです。

日本は古くから木の文化が根付いています。

木の住まいが受け継がれてきたわけなので、この文化は大切にしたいと思います。特に東京という大都市で家づくりをしている者として・・。


ヨーロッパの美しい街並みは、一見、没個性的な家の集合のように見えます。ギリシャなどは、白い家が連なって建てられていますが、でも、よく似た家の連なりではあるけれど、まったく同じ家というわけではないんですよね。

 

家族の大切な家を、何十年も大切に使うためには、長く愛される家を意識した住まいづくりが必要なのかもしれませんね。

 

 

 

続きを読む

2013年

8月

09日

8月 イベント情報更新

8月のイベント情報を更新しました。

 

今月は「資金計画セミナー」と「家づくり相談会」を開催します。

 

<イベント情報>

 

資金計画では、先日大手都市銀行が住宅ローン金利を下げるという発表がありました。

短期金利に合わせた動きなのでしょうが、これから金利の動向はチェックしたほうがいいようですね。

 

連日猛暑が続きますが、ぜひご参加ください。

お待ちしております。

 

 

 

続きを読む

2013年

8月

05日

野池学校セミナー 2013参加しました

先週末に「野池学校 2013」の第3回目のセミナーに参加してきました。

 

セミナー会場は満員で、外の暑さと同じくらい熱気で会場を覆っているような感じがしました。

 

この真夏の時期にこのような温熱環境の勉強会に参加すると、内容を理解するにも「あー、なるほど!」ということがあります。

 

このセミナーは、家づくりにおいていかに電力に頼らないで快適に暮らすことの提案ができるのかということを学ぶことが目的なので、真夏のこの時期では、より具体的に外部環境から様々な事を学ぶことができます。

 

また、このセミナーを通して省エネや温熱環境に対して志が高い、色々な方たちとお話もできるので大変勉強になります。

 

今は、前回の時も同じですが頭の中が「飽和状態」です。

 

次回が楽しみです!

 

続きを読む

2013年

8月

02日

フラット35金利情報 2013年8月

フラット35金利情報 2013年8月版
続きを読む

2013年

8月

01日

敷地調査

今日から8月が始まりましたが、暑い日々が続いてますね。

それでも、今週はわりと過ごしやすい感じているのは私だけでしょうか?

 

7月の後半の先日は、お客様の敷地調査に行ってきました。

建物を建てる前の準備段階なのですが、意外と行うことも多いのです。

 

お客様から頂いた謄本の写しをもとに現地に出かけてみて、実際に土地と照合します。

ここで重要なのが、敷地の境界線確認です。

謄本に明記されている、境界を一つ一つ確認します。

道路と敷地との境界や、隣地の方との境界の確認を確認します。

草木が生い茂っている場合には、この作業は大変になりますが、何とか入り込んでそれぞれのポイントを確認します。

 

 

続きを読む

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。