• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

2013年

4月

30日

家づくりの省エネ基準が変わります

家づくりをする際の省エネ基準が今年秋から変わります。

 

 

これは、2020年までに温暖化ガス排出量を、

 

1990年比で25%削減するということに起因しているのですが、

 

環境対策目標に向けて、国からはエネルギー政策に関する

 

様々な動きが出てきています。

 

 

 

中でもとりわけ建築物、特に住宅の省エネ化には、様々な

 

認定・支援制度が設けられ始めています。

 

これに関しては、以前にもこのブログでも紹介しましたが、

 

追加的なものも増えてきています。

 

後日、改めてまとめてご紹介しようと思います。

 

 

 

今年1月には、省エネルギー法に基づく新しい

 

省エネ基準の告示が公布されました。

 

 

 

住宅に関する規定は、当初予定されていた4月1日から10月1日の

 

施行と半年先送りとなりましたが、2020年には同基準が

 

義務化されるという流れになっています。

 

 

やはり、これからの時代は省エネがキーワードになりそうですね。

 

 

2013年

4月

27日

日本の文化の象徴 畳の良さ

昨日、土手加藤の注文住宅やリフォームの際に、

 

畳工事をお願いしている、

 

畳屋さんの社長と打ち合わせがありました。

 

畳の香りをかぎたくて、私のほうから先方の畳屋さんにお伺いしました。

 

お店に入るなり井草のいい香りがして、

 

なんだかすごく心が落ち着きました。

 

畳はやっぱりいいですよね。

 

普段は、床材は無垢材を勧めているのですが、

 

畳は、無垢のフローリングとはまた違った良さがありますね。

 

畳の香りがする作業所でリラックスしながら、

 

打ち合わせをすることができました。

 

 

畳の良さと言えば、やはり・・

 

    「畳の上でゴロ~ンとする」

 

ですよね。

 

なぜか落ち着くし、

 

ゴローンとした時の背中に伝わる何とも言えない感触は、

 

最高に気持ちいいですよね。

 

 

以前土手加藤で建てさせていただいたあるお客様の家では、

 

6畳の和室を一部屋作りました。

 

設計当初は、和室はいらないと旦那様は言っていたのですが、

 

奥様が和室は絶対に欲しいとのことで、

 

旦那様もここは了承して和室を作りました。

 

引き渡し後の定期点検でお伺いした際に聞いたのですが、

 

このお客様の子供たちは、自分の部屋にベッドがあるのに、

 

わざわざ和室に布団を敷いて寝るのが好なようです。

 

奥様も子供たちが畳の上で昼寝をしていると安心なようです。

 

理由は、「安心して寝がえりを打てるから」

 

だそうです。

 

 

最近ではめっきり使われなくなった畳。

 

それでも、畳に触れてみると感じる安らぎや安堵感。

 

日本ならではの文化の奥深さに改めて感激します。

 

2013年

4月

23日

良い天気です

先週末はこの時期にすれば、ものすごく寒かったですよね。

 

季節の変わり目はよく風邪をひくのですが、

 

この冬は一度も風邪をひかずにすみました。

 

週末とはうって変わり、良い天気になりました。

 

すがすがしいですね。

 

そして、この良い天気の中で、

 

本日はこれから、お客様とショールームで打ち合わせです。

 

 

2013年

4月

20日

野池学校 2013セミナー

昨日は、家づくりにおける温熱環境スキルアップのために、

 

「野池学校 2013」に出席してきました。

 

このセミナーは環境工学において大変有名な野池先生よる、

 

省エネ・温熱環境の勉強会です。

 

今後の「低炭素住宅」のための要点や、

 

今年10月から始まる新省エネ基準に向けての準備のためと、

 

自社における省エネ知識向上のためです。

 

新たな省エネ基準が現行の基準とどのように違うのかや、

 

温熱環境の基本的な考え方の再認識など、

 

大変勉強になりました。

 

新たな省エネ基準はまだまだ不確定の要素があるようですが、

 

今後はこの大きな動きに対して着実に情報を収集して、

 

快適な注文住宅造りに取り入れていきたいと思います。

 

半日かけて沢山学んだので、今は頭の中が飽和状態です・・。

 

それにしても低炭素住宅のクリアー基準は、

 

予想よりも高いハードルのような感じです。

 

 

 

2013年

4月

18日

JBNセミナー

JBN主催による「大規模木造実現のため」のセミナーに参加してきました。

 

土手加藤が大規模建築物を手掛けるわけではないのですが、個人的にも大変興味があったので参加してきました。

 

これまで大規模建築はRC造(鉄筋コンクリート)やS造(鉄骨)が主流というか、当たり前に非木造で設計されて施工されてきましたが、2000年の建築基準法の改正で木造での耐火建築物が可能になり、そして、2010年の「公共建築物における木造の利用促進に関する法律」というながーいタイトルの法律が成立したことで、木造での大規模建築物の建築ができるようになりました。

 

これを機に、木造建築の可能性が一段と広がったわけです。

 

これらの流れは将来に向けて大変いいものと感じています。

 

セミナーでは、これらの現状での取り組みや、課題などが取り上げられていました。

 

セミナー全体を通して感じたことは、まだまだ課題や乗り越えなければならないことがあるということ。それでも着実に前進していることがわかりました。

 

後半のパネルディスカッションでは、この事業に関わる様々な分野の人達の具体的な取り組みの紹介でした。

いずれの分野の方々も、木造の建築物への意気込みがよく伝わってきました。

 

さすがといった感じでした。

 

木の家づくりをしている我が社と、規模は違いますが同じ志の人たちがいることに、また一段と自信が持てました。

 

 

2013年

4月

16日

定期点検

昨日は、お客様とのプラン打ち合わせの後に、

 

引き渡し後1年の定期点検でした。

 

こちらのお客様は長期優良住宅で新築されましたので、

 

定期な点検をして維持管理をしなければなりません。

 

外壁や雨樋などの外部廻りや、床下の配管などの検査等があります。

 

無事に検査を終了しました。

 

 

2013年

4月

13日

セミナー参加ありがとうございました

本日も一組のご夫婦が土手加藤のセミナーにご参加くださいました。

 

休日にもかかわらずにご参加ありがとうございました。

 

セミナーにご参加いただく方々は、

 

みなさん家づくりをすごく勉強していますね。

 

当たり前といえば当たり前でしょうけどね。

 

「木材利用ポイント」まで知っているとは・・・

 

さて、今日はこれからお客様との打ち合わせです。

 

急がねばなりません・・・。

 

2013年

4月

11日

無垢材の視察

今日は午後から、無垢材の視察に行ってきました。

 

場所は、千葉県の浦安にある木材市場で、

 

無垢材版の築地といったところでしょうか。

 

この市場へは、普段からできるだけ顔を出すように心懸けているのですが、

 

色々所要が重なったりしてなかなか来れませんでしたが、

 

約2か月ぶりに来ることができました。

 

 

 

ここに来るといろいろ勉強になります。

 

無垢の木の価格の変動や、各産地での取り組みなど、

 

無垢の木の家づくりをしている土手加藤にとっては、

 

情報収集する上ですごく大切な場所です。

 

当然ですがここで働く人たちは、無垢の木に関してのプロです。

 

私自身も無垢の木に関しては「達人」であると自負しておりますが、

 

彼らと無垢の木談義をするなかでも知らなかったことや、

 

無垢の木に関してこんな使い方もあるのかと、

 

教えてもらうことが多々あります。

 

本日も新たな発見がありましたし、何かと勉強になります。

 

次回も楽しみです。

 

 

 

2013年

4月

09日

ひのき舞台

昨日はメーカーと汐留にあるショールームにて打ち合わせがあったのですが、平日だというのに混んでいましたね。これも、消費税の駆け込みなのでしょうか・・?

 

打ち合わせ後の帰り際に、新しくなった歌舞伎座が見えたので、写真を撮ってきました。またまた、ピンボケしていますね・・。

 

この新歌舞伎座は3年にわたる建て替え工事を終えたばかりで、建物の前では写真を撮る人たちや、歌舞伎を見る人たちで賑やかでした。

 

この新歌舞伎座の舞台には、神奈川県の丹沢地方で育った樹齢100年以上の「ひのき」が使われています。

 

まさに、「ひのき」舞台ですね。

 

無垢の木はひのきに限らずに、踏み心地や足裏に伝わる温かみが他の床材とは全く違います。

 

こんな建物でも、要所要所に無垢の木が使われているんですよね。

 

 

2013年

4月

06日

地域型住宅ブランド化事業

地域型住宅ブランド化事業

 

長期優良住宅を建てた際に、建設費の一部を補助する「地域型住宅ブランド化事業」に関して、国土交通省は2013年度においては補助額を増やさないことで調整しているようです。

 

これは、長期優良住宅を建てるときに、構造材に国産材の木を50パーセント以上使用する場合には、一定の割合で補助額を割り増すという制度のことで、これにより長期優良住宅を普及させて、かつ、林業の活性化を図る目的なのです。

 

東京都市部で無垢の木の家づくりをしている我が社にとっては、無垢の木の良さを知ってもらえるということも含めて非常にいい制度と考えています。そして、木の普及が進めば当然山にも雇用が生まれて、現状荒れ放題の山の整備も改善します。

 

「木」で長年商売をしてきた土手加藤にとっては、一人でも多くの家づくりをする人たちに木で建てる快適な住まいを知ってもらいたい。木の良さを知ってもらいたい。

 

特に都心では木を使った家づくりの意識が低いように思われます。この傾向は都心においてはある程度は仕方のないこととは思うのですが、それでも住まいに木を使ってもらえるようにこだわりたいと考えています。

 

今回、このような一部ルール変更になることは仕方がないのですが、ぜひわかりやすく、使いやすい制度であってほしいものです・・・が、貴重な税金を使うわけですから、あまりわがままも言えませんね。

 

これからも注文住宅のコンセプト、東京で「無垢の木の家づくり」にこだわっていきます!

 

2013年

4月

05日

SUUMO 東京の注文住宅 2013春夏

先月3月20日に出版された、リクルート社 SUUMO(スーモ) 「東京の注文住宅」に、土手加藤材木店の注文住宅施工事例が紹介されました。

よろしければご覧ください。

 

掲載していただきましたリクルートさん、ありがとうございました。

 

2013年

4月

03日

フラット35金利が下がったようです

フラット35の金利が下がりました。

 

金利は先月よりお幅に下がり1.8%です。

 

ちょっとビックリですね。 

 

このままの水準で維持してくれればいいのですが、

 

金利変動だけは誰にも予測がつきません。

 

詳しくはフラット35金利情報をご覧ください。

2013年

4月

01日

新年度の始まりです

今日から4月です。

いわゆる新年度の始まりです。

 

注文住宅業界でも税制面や、諸制度で動きがありそうですね。いろいろ勉強することも多い新年度になりそうです。

時代の流れがすごく速いので大変な面もありますが、これらの情報をいち早くつかんで自社の家づくりにプラスしていけるようにがんばらなくてはなりません。

 

今月も各種セミナーなどのイベント等を開催しますので、ぜひご参加ください。

 

お待ちしております。

 

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

8:30~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。