• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

2017年

11月

17日

耐水ボードを外壁に張り込み中です

 

見習い大工の真利子です。

 

昨日までの三日間、高校生二人が職業体験と称して本郷の現場に来ました。

 

高校二年生の二人はどちらも大工志望ということです。

 

体験なので、大工志望の生徒さんでないと来てはいけないということはないはずです。

 

むしろ違う職種、なりたい仕事に関係のある他業種を体験しても良い経験になると思います。

 

二人には、大工になるにせよならないにせよ在学中に色んなものを見てほしいですね。

 

同じ志を持つ後輩、縁があったわけですから少しでも助けになれればと思います。

 

続きを読む

2017年

11月

10日

エア工具の解禁です!機械と手道具の両立

 

見習い大工の真利子です。

 

現場では、外部の耐力面材の釘打ちが終わり構造検査も無事通りました。

 

これから外部の耐水ボード張りに突入です。

 

さて、入社してから新築の現場は6件目になります。

 

「当分は機械を使わず、手道具に慣れること」を条件に入社して三年が経ちます。

 

今回の現場から、十分手道具に慣れたということで機械の使用が許されました!

 

正確に言えば、マルノコやインパクトは例外として使っていましたので釘打ち機の解禁です。

 

続きを読む

2017年

11月

03日

現場は順調に進行中です。

 

見習い大工の真利子です。

 

昨日、外部の耐力面材「ダイライト」の仮並べが終わりました。

 

今回は文京区本郷という立地もあり、耐火の為に建物自体の自重がかなり重くなります。

 

基礎配筋のダブル配筋と同様、耐力面材も通常より3ミリ厚い12ミリ板を張ります。

 

最大の重さの原因が石膏ボードです。

 

外部に耐水ボード21ミリを二重、内部に強化ボード21ミリを二重張ります。

 

当然自重が重ければ地震等での揺れも大きくなる為、耐力面材も厚みを増すわけです。

 

続きを読む

2017年

10月

27日

筋交いの取り付け進行中です!

 

見習い大工の真利子です。

 

本郷の木造耐火3階建て新築工事現場は建前明け一週間、小雨のぱらつく時もありましたが外部工事を進行中です。

 

外部工事では、雨仕舞を終わらすことを最優先に考えます。

 

その為、小屋組みの野地板を張り込むのが最初の作業です。

 

野地板とは、垂木(タルキ)の上に乗り屋根を形作る合板のことです。

 

野地板が張り終わり次第、板金屋さんに防水紙を張ってもらい”仮の雨仕舞”が完了します。

 

現在の住宅では、屋根と壁面に防水紙を張ることで水の侵入を防いでいます。

 

ですが、あくまでも板金による雨仕舞の補助的意味で考えています。

 

続きを読む

2017年

10月

19日

わざわ座の椅子製作中です!機械を使わずに挑戦

 

見習い大工の真利子です。

 

今週末、あいにくの雨模様で心配ですが本郷の現場で建前をします。

 

昨日、下小屋で刻んだ部材を現場に運びこみました。

 

三階分の部材ですから、かなりの量です。

 

さて、大きな部材と床合板が運び出された下小屋は通常のガランとした風景に戻りつつあります。

 

今日は、刻み終わった下小屋で製作途中の「わざわ座の家具」と自作の脚立を比較したいと思います。

 

続きを読む

2017年

10月

13日

刻みも佳境、柱の加工中です。

 

見習い大工の真利子です。

 

横架材の刻みは終わり、現在柱の加工を進めています。

 

続きを読む

2017年

10月

06日

文京区木造耐火3階建ての配筋検査無事完了しました!

 

見習い大工の真利子です。

 

昨日、文京区の新築現場にて基礎打設前の配筋検査に立ち会いました。

 

配筋、打設等は基礎屋さん(建前時にお手伝いしていただく鳶の石塚さん)に担当していただきます。

 

今回の検査は、コンクリート打設前にしっかり配筋されているかの確認です。

 

続きを読む

2017年

9月

29日

文京区耐火木造三階建ての刻みが始まりました!

 

見習い大工の真利子です。

 

昨日、市場から材木が入ってきました。

 

文京区で来月二十日を建前予定とする、耐火木造三階建ての新築現場の部材です。

 

材種は米松です。

 

米松は強度が高く、現在の在来軸組みでは柱や土台を除くほとんどの部材に多く使われています。

 

続きを読む

2017年

9月

22日

外構のポスト製作です!

 

見習い大工の真利子です。

 

今日は、石神井台の新築で完成見学会を行っています。

 

今回のお施主様も、快く完成見学会を行うことを承諾して下しいました。

 

ありがとうございます。

 

大工としては、いよいよここまで来たかという感慨深さがあります。

 

思えば、下小屋で親方の墨付けた部材を刻んでいたのがつい昨日のようです。

 

初めての挑戦も多かった今回、至らなさばかりで反省が絶えません。

 

現在、自分と内田の二人で残りの工事を行っています。

 

残りは塗装、障子紙、ベランダのデッキ、その他外構です。

 

親方は、次の新築の墨付けに入っています。

 

そんな中、外構の一つであるポストを作ってきましたので紹介します。

 

続きを読む

2017年

9月

15日

キッチンと対面家具の製作中です。

 

見習い大工の真利子です。

 

現在、キッチン製作中です。

 

続きを読む

2017年

9月

08日

桧の建具材の加工中です。

 

見習い大工の真利子です。

 

昨日から建具工事に入りました。

 

親方が障子を、自分は入り口戸その他家具の建具を担当しています。

 

通常の建具はシナランバーコア(木片ブロックを芯に表面にシナべニアを張り付けたもの合板)にタテ軸を張り付けて作ります。

 

枠材が桧なので、建具のタテ軸もヒノキで統一して製作します。

 

例外として、和室の入り口、押し入れの二枚戸は襖(ふすま)に。

 

玄関下駄箱、二階の家具扉は羽目板をはめ込んだ框戸(かまちと)で製作します。

 

続きを読む

2017年

9月

01日

北山杉の磨き丸太を取り付けました!

 

見習い大工の真利子です。

 

今週も少し石神井台の現場を抜け出して、マンションのリフォームに入っています。

 

現場では、左官屋さんが作業中です。

 

塗りものが始まると、作業の邪魔になってしまうので一時退散です。

 

今回の左官屋さんとは約一年ぶりにお会いしました。

 

続きを読む

2017年

8月

25日

ルーバー、手摺り造作工事も佳境です。

 

見習い大工の真利子です。

 

練馬区石神井台の新築工事は来週からいよいよ、左官屋さんが現場に入ります。

 

今回も壁の仕上げは珪藻土です。

 

左官屋さんに絡むところはほぼ終わりました。

 

若干残ってはいますが、先に終わらせたルーバーとロフトの手摺りについて紹介します。

 

続きを読む

2017年

8月

18日

和室の「竿縁天井」です!

 

見習い大工の真利子です。

 

日曜日からお盆休みを頂いていました。

 

夏バテ気味だったのと、あいにくの雨降り続きで残念ながらどこも行けませんでした。

 

その代わり、道具の調整や部屋の掃除など日ごろ後回しになりがちな作業をすることができました!

 

内装工事に入り、純粋に刃物が切れないといけない作業が続いています。

 

色々な意味でリセット出来た連休でした。

 

さて、今日は連休前に作りました、和室の「竿縁天井」について紹介します。

 

続きを読む

2017年

8月

04日

階段と窓枠工事進行中です!

 

見習い大工の真利子です。

 

練馬区で進行中の現場では、外壁のサイディングが張り終わりました。

 

今日、コーキング屋さんが来ます。

 

外部廻りはあと、基礎の仕上げ塗りや玄関タイルなどの左官仕事。

 

それに設備機器の取り付けなどがあります。

 

大工仕事は木工事が終了後、建具の製作と吊りこみ。

 

内装が完了次第、ウッドデッキやポストの設置なども行います。

 

今週は、フローリング張りに続き階段も取り付きました!

 

今回は、”ヒナ段”と言われる形の階段です。

 

続きを読む

2017年

7月

28日

カウンター材・階段材の製材、加工中です!

 

見習い大工の真利子です。

 

今週は、作り付け家具に使う天板などの加工を進めています。

 

ヒノキの板から木取りし、製材からすべて現場で行います。

 

その他同時進行で、フローリングも張り込み中です。

 

自分の担当である、加工について紹介します。

 

続きを読む

2017年

7月

21日

神田明神に行ってきました!江戸情緒を伝える「井政」の古民家

 

見習い大工の眞利子です。

 

現場では、入り口枠の加工組み立てを進行中です。

 

同時に天井の野縁組みと石膏ボード張りを進めています。

 

窓枠、入り口枠共に天井とのチリを五ミリにセットしています。

 

なので、天井を組む前に入り口枠を先行して組みます。

 

枠材の厚みは25ミリですが、鴨居には天井の石膏ボードがささるようにボードシャクリを掘り込みます。

 

続きを読む

2017年

7月

14日

木曽ヒバ建具を製作しました。

 

見習い大工の眞利子です。

 

昨日、一週間ぶりに新築の現場に戻りました。

 

約一週間の店舗工事、大工の作業は無事完了しました。

 

さて、久しぶりの店舗工事でしたが自分は新しい入り口を担当しました。

 

もとあったアルミサッシを取り外し、杉材を使って新設しました。

 

建具も現場加工でつり込みましたので紹介します。

 

続きを読む

2017年

7月

07日

建具枠の加工調整に使う「作里鉋」を紹介します。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は少し新築の現場を抜け出して、文京区の湯島で店舗工事をしています。

 

久しぶりの店舗工事です。

 

解体が終わり、新しく設置する入り口枠の打ち合わせの時、面白い話題になりましたので紹介します。

 

続きを読む

2017年

6月

30日

「鉋の口埋め」をしました~最後に悲劇が!、、、

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は久しぶりに道具の話をしたいと思います。

 

現在、現場では窓枠の加工組み立てをしています。

 

窓枠が終われば、各部屋への入り口枠の加工に入ります。

 

製材には丸ノコを、障子溝などは溝切りという電動工具をフルで使います。

 

電動工具を使った「加工作業」は気の張る重要な工程ですが、同じくらい重要なのが「仕上げ」です。

 

仕上げ作業は、全て鉋で行っています。

 

電気カンナなどと違い、材料を仕上げる手カンナは様々な微調整を常にしていないと使えません。

 

今回はその微調整の中でも、「口埋め」を紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

6月

23日

久しぶりの更新です。~気密検査と枠材加工~

 

見習い大工の眞利子です。

 

ゴールデンウィークの振休を頂いていたので、久しぶりのブログ更新です。

 

休み中に奈良県へ行こうと計画していたのですが、予定が合わず延期することにしました。

 

その代わり、久しぶりに高校へ行ってきました!

 

在学生の一人が「技能五輪」と呼ばれる競技大会に出場するために練習していました。

 

技能五輪とは、22歳以下の大工を志す方々が提示された課題を通してその技能を競う大会です。

 

五輪と言うだけあって、なんと世界大会まであります!

 

木造といえば日本!といったイメージが先行しますが、世界の他の国々にも木の文化がたくさんあります。

 

ヨーロッパの出場者が特にレベルが高いと聞きました。

 

ドイツや北欧の国々には、木造家屋が立ち並ぶ古い町並みが多く残っているそうです。

 

日本では、二級大工技能士の試験が予選を兼ねています。

 

合格者の中から優秀者が選出され、都大会を経て日本代表が決まるそうです。

 

なんと今回、出場するのは女の子でした!

 

自分が行った時にはまだ道具の調整段階で、初めて研ぐ二寸鉋を重いと言っていましたが(笑)

 

後輩が頑張っている姿を見ると自分もやる気が湧いてきます。

 

大変だとは思いますが、頑張って上の大会へ進んでほしいです。

 

続きを読む

2017年

6月

09日

構造検査、無事に終わりました!~一階の床張りと下地組み中~

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週、外部検査員の構造検査が無事通りました。

 

構造に関わる、金物や外部の耐力壁に充分な釘が打ち付けられているかなどを検査されます。

 

釘打ちは通常機械打ちですが、方針として野地、耐力壁はすべて手で打っています。

 

手打ちの方がムラなく材料をとめる事ができます。

 

機械だとエアーの圧力を利用しているので、下地の硬さなどの違いに対処しきれません。

 

構造検査が終わると、外部に耐水紙を巻いていきます。

 

この耐水紙が一次防水となります。

 

続きを読む

2017年

6月

02日

ベランダと玄関の下地組~材料を取りに市場へ~

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週、外部廻りの耐力壁が張り終わりました。

 

火山灰などで出来ている「ダイライト」という耐震ボードを外壁に釘打ちで施工していきます。

 

耐震ボードを張ると、内部の仮筋違いも外れてスッキリします。

 

続きを読む

2017年

5月

26日

外部廻りの下地組と金物緊結中です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は間柱、窓台などの外部廻りの下地を組みました。

 

来週後半には、外部検査機関による「構造検査」を予定しています。

 

なので、筋違いや構造金物も同時進行で取り付けています。

 

続きを読む

2017年

5月

19日

引き続き小屋上作業~化粧破風板の取り付け~

 

見習い大工の眞利子です。

 

引き続き小屋上の作業について紹介します。

 

今回、小屋上を三層に組み上げます。

 

先週紹介した、化粧野地「Jパネル」が一層目。

 

その上に断熱材を敷き、二層目を断熱層とします。

 

写真に写っている、ピンク色の材料が断熱材「ネオマフォーム」です。

 

正確に言うと、化粧野地と断熱材の間にも、防湿シートという透明なビニールを敷いています。

 

断熱材の上に縦方向に通気垂木を並べ、三層目の通気層を確保しています。

 

12ミリの野地板で小屋を塞ぐ前に、化粧破風と広小舞を取り付けます。

 

続きを読む

2017年

5月

12日

ロフト部分の床と杉の野地板(Jパネル)を張っています

 

見習い大工の眞利子です。

 

現場に入って一週間、進行状況の紹介です。

 

続きを読む

2017年

5月

05日

建前前日!~化粧棟木の加工と仕上げ~

 

見習い大工の眞利子です。

 

明日の建前を前にして今日は一足早く材料の運搬をしました。

 

柱の本数はそれほどでもありませんが、化粧材の多さに改めて驚きました。

 

今回は初の試みですが、棟木が化粧です。

 

それに付随し、登り梁も化粧で屋根のラインを形成しています。

 

続きを読む

2017年

4月

28日

刻み中(2)登り梁「兜腮掛け」の加工

 

見習い大工の眞利子です。

 

前回に引き続き、現在進行中の刻みについて紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

4月

21日

刻み作業中!

 

見習い大工の眞利子です。

 

刻みが始まって二週間、明日には二階胴差回りと小屋の横架材がほぼ刻み終わります。

 

土台と柱以外の横架材、登り梁は杉を使っています。

 

今回は進行中の刻み作業について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

4月

14日

卓袱台を作りました!脚部金物「レッグジョイント」に初挑戦

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は、土日にある現場見学会で使う為のダイニングテーブルと卓袱台を作りました。

 

下小屋での加工組立作業は、周りに気を使わず加工に集中できるので好きです。

 

卓袱台について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

4月

07日

タモ製手作りキッチン!完成しました~

 

見習い大工の眞利子です。

 

キッチン工事が無事に終わりました!

 

今回、初めての試みだったのでかなり時間を掛けてしまいました。

 

形は対面で、IH2台の引き出しが計19か所。

 

前板の矧ぎ合わせから始まり、全体で2週間以上費やしました。

 

途中、他の作業等で抜けてもいますが材料も含め、相当高価なものに仕上がっていると思います。

 

続きを読む

2017年

3月

31日

手づくり!「框ドア」と「キッチン」。刻みを控えての準備

 

見習い大工の眞利子です。

 

来週の完了検査を前にして、現場はいよいよ大詰めです。

 

もう大工仕事は随分前に完結しています。

 

ここ最近は、建具屋さんや家具屋さんの仕事です。

 

今日は、リビングの框ドアと製作中のキッチンについて紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

3月

24日

タモ製建具製作中!~雪国の大工さんへの憧れ~

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は、大工ではなく建具屋さんです。

 

居室の入り口、押入れの扉はランバーコア合板で作ったものを吊り込みました。

 

あとは、細かな立て付け調整のみです。

 

おとといから下小屋に一時戻り、家具の建具と障子を作っています。

 

続きを読む

2017年

3月

17日

建具吊り込み中。二枚毛引きを使います。

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週、無事に訓練校を卒業することができました!

 

あっという間の二年間。

 

終わってしまえば早いものですが、様々な経験ができた充実した二年間でした。

 

今週からは、土曜日も現場に出てバリバリ仕事です(笑)

 

ですが同期とは、また集まる予定を組んでいます!

 

仕事を共感しあえる同期との関係は、これからも大事にしていきたいと思っています。

 

「みんなーこれからもよろしくな!!」

 

続きを読む

2017年

3月

10日

家具工事。桧四寸角の化粧柱を入れました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は家具屋さんです!

 

今回の現場では、LDKがある二階に造り付け家具が集中しています。

 

ほぼ大変な所は終わり、細かな処理を残すのみになったので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

3月

03日

江戸東京博物館へ課外授業に行ってきました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週、訓練校の課外授業に行ってきました。

 

両国の江戸東京博物館と上野の旧岩崎邸を見学させて頂いたので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

2月

24日

杉の羽目板とタモのフローリングを張りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週一週間は板張りの多い一週間でした。

 

トイレの片引き戸の枠を組んでから、廊下のフローリングを張り、トイレの中に羽目板を張ります。

 

枠、天井、腰板、全て杉です。

 

続きを読む

2017年

2月

17日

ドア枠の加工と鉋の調整

 

見習い大工の眞利子です。

 

現場では今、ドア枠の加工をしています。

 

枠材は杉、敷居のみフローリングと同じタモ材で作っています。

 

杉は、窓枠と同じ枠用の板を二つ割等にして使っているので目合わせは比較的楽です。

 

続きを読む

2017年

2月

10日

三階勾配天井は、杉の羽目板です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週、三階の勾配天井が終わりました。

 

構造兼化粧の登り梁と、その上の小屋組みを少し前に紹介しましたが、いよいよ仕上げです。

 

ボードを張った上に、杉の羽目板を張っていきます。

 

登り梁には、予め羽目板を差し込む溝を掘り込んで、突き付け箇所をなるべく少なくしています。

 

続きを読む

2017年

2月

03日

本を買いました!「船枻造り」とは・・・

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、二冊の本を紹介したいと思います。

 

二冊ともつい最近出版された本です。

 

続きを読む

2017年

1月

27日

「カンナの割れ止め」と「面格子」作りました。

 

見習い大工の眞利子です。

 

現場では、自分の担当している三階のボード張りがほぼ終わりました。

 

今日から、勾配天井に杉の羽目板を張る予定です。

 

三階建てなので、当然階段が二基あります。

 

タモという堅木で製作するササラ階段です。

 

その階段も二基とも親方が掛け終わりました。

 

今回は、その階段に使った余り材でカンナの割れ止めを作りましたので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

1月

20日

勾配天井のボード張り中です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は特に寒い日が続きますね。

 

今朝、家を出る時には雪がチラついていました。

 

さて、今日は現場の進行状況について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2017年

1月

13日

「初めての包丁研ぎ」と「枠材の加工」

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週、初めて包丁を研ぎました!

 

角度に気を付ければ、ノミなどと同様、簡単に研げることに気づきました。

 

今日は、その研ぎについて紹介します。

 

続きを読む

2017年

1月

06日

「大工の正月飾り」と初詣

 

新年明けましておめでとうございます。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今年は酉年、酉年は特に寒い年になるそうです。

 

さて、皆さんは何を見て年明けを感じるでしょうか?

 

自分はやはり正月飾りです。

 

家々の玄関に飾られる、門松やミカンの付いた玄関飾り。

 

室内には、鏡餅などお正月にはたくさんのお飾りを目にしますね。

 

今日は、そんなお飾りの中で「大工の正月飾り」について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

12月

29日

現場の近く、寛永寺瑠璃殿に行きました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今年最後のブログ更新になります。

 

今日は、現場のすぐ近くにある「寛永寺瑠璃殿」について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

12月

23日

卒業製作「入母屋模型」完成しました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週、卒業課題の「入母屋模型」が完成しました。

 

メンバーは同期9人。

 

墨付けはほとんど同期がやってくれたので、加工担当です。

 

ひとつひとつの部材を加工している時は漠然と作業していました。

 

組立が始まると徐々に全体像が見えてきます。

 

続きを読む

2016年

12月

16日

「方転びの椅子」と「幸三郎玄翁」

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週は久しぶりに実技授業でした。

 

内容は卒業試験で作る、方転びの椅子です。

 

大工の学校で椅子ばかり作っているのも少し不思議な気もしますが。

 

方転び(かたころび)の椅子は、難しいサシガネ使いもないので形はシンプルです。

 

そのかわり、単純に加工精度が問われます。

 

大工だけでなく、ものを作る方達に聞けば「垂直、水平」が一番難しいと口を揃えて言うはずです。

 

単純なだけに、追求すればするほど奥が深いと言えるでしょう。

 

続きを読む

2016年

12月

08日

最古の住宅を観てきました!修学旅行③

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回話すのは、修学旅行の中でも一番行きたかった場所です。

 

兵庫県にあるその建物は、ダム建設に伴い水の底になるはずでした。

 

ですが、保存の為に移築され、間取りも当時の形に戻されたそうです。

 

日本で最古の遺構であるその古民家は、一般的には「箱木千年家」と言われています。

 

続きを読む

2016年

12月

02日

いざ、大山崎!歴史の舞台に名建築がありました。修学旅行②

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、引き続き修学旅行の話をしたいと思います。

 

二か所目は、京都山崎です。

 

山崎と言えば、山崎の合戦!

 

本能寺の変を起こした明智光秀を、豊臣秀吉が打ち破った戦いの舞台です。

 

そんな歴史的な地には、建築史に名を残す二つの名建築がありました。

 

続きを読む

2016年

11月

25日

木製ソファー作りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

先日、わざわ座のソファーを作りましたので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

11月

18日

修学旅行1 西本願寺「御影堂」に施された職人の工夫。

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週、訓練校の修学旅行に行って来ました!

 

二泊三日の京都と兵庫です。

 

同期達との親睦も深まり、建物も一級品ばかりを見学させていただきました。

 

とても一回では紹介できないので日にちごと、建物ごとに紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

11月

11日

片開き扉の取っ手の加工です。デザインの難しさを痛感

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、細かな作業ですが片開き扉の取っ手について紹介したいと思います。

 

今回の現場は建具も製作しましたので、それに付属する取っ手や手掛けなども手加工です。

 

障子など引き戸には、ルーターという機械を使って手掛け溝を掘りました。

 

片開き扉は今回トイレと廊下収納、それにワイイセラーの入り口の3ヶ所です。

 

トイレは施錠できるように、専用の取っ手金具と表示錠を取り付けました。

 

他2ヶ所の取っ手は木材で作ります。

 

続きを読む

2016年

11月

03日

家具工事。特殊ノミを使って卓袱台を作りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今週は親方と一緒に、家具屋さんでした。

 

親方は、下小屋でメインのダイニングテーブルとテレビ台の製作です。

 

自分は戸締り番も兼ねて、現場での製作でした。

 

担当は、卓袱台とリビングテーブルです。

 

今日は、家具工事について紹介します。

 

続きを読む

2016年

10月

28日

手刻み三階建て開始!その前に卓袱台作りの試練です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

上野桜木の現場もほぼ完成しました。

 

下小屋では、次の現場の墨付けを親方が進めています。

 

自分も早く、刻みに入りたいのですが、、、

続きを読む

2016年

10月

21日

小屋組みいろいろ『谷隅木』と『和小屋組入母屋』製作中です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

前回の実技課題では谷隅木を造りました。

 

谷とは、切妻の屋根同士が交わるところで出来る、くの字型の部分です。

 

谷を作ると、両方の屋根の雨水を集めてしまうので雨仕舞上あまり良くありません。

 

ですが、少し屋根の形に凝ったりすると、必ず谷は出来てしまいます。

 

谷はなるべく作らないことを心がけながら、必要不可欠な技能でもあるわけです。

続きを読む

2016年

10月

14日

道具箱式のノミ箱を作りました!中に収まるノミは・・・

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、造り途中だったノミの箱が完成したので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

10月

06日

六本木へ美術鑑賞に行きました!in「kiitsu展」

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週の日曜日、久しぶりに美術館に行きました。

 

続きを読む

2016年

9月

30日

手づくり作り付け家具の製作、加工中。

 

見習い大工の眞利子です。

 

現場ではこの一週間で作り付け家具の加工と取付に入っています。

 

メインとなるダイニング、テレビボード、玄関、キッチンの収納から階段下机、二階廊下家具も全て作り付

 

けです。

 

進行状況を紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

9月

23日

作り付け家具製作。押入れの造作も同時進行です。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回は現場の進行状況を紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

9月

16日

過去の「一級大工技能士課題模型」作りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

先週学校の課題で屋根の端部模型を造りました。

 

過去の課題とも反復するところが多いですが、細かいところが変わっているので紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

9月

08日

旅行の計画を立ててます。in奈良県!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、自分が一番好きな場所『奈良県』について話したいと思います。

 

初めて訪れたのは、中学校の修学旅行でした。

 

その頃から古い建物や社寺建築が好きだったので、ずっと興奮していたのを覚えています。

 

以来、ほぼ毎年旅行にいっています。

 

今年も涼しくなってきたら時間を作って行きたいと思っています。

 

観たいスポットが多く、一日や二日ではとても廻り切れません。

 

年々、あまり知られていないようなお寺にも行くようになってきました。

 

写真は去年のですが、今年もぜひ行きたい場所をいくつか紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

9月

02日

「てっぽう階段」ササラ板の加工は緊張します。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、進行中の現場のことについて紹介したいと思います。

 

現在、石膏ボード張りがほぼ終わり、階段加工とドア枠加工を平行して進めています。

 

前回廻り階段の説明をしましたが、今回の現場はてっぽう階段です。

 

紹介の順番は逆になってしまいますが、一年前に作った模型と比べながら出来上がりを想像してみたいと思

 

います。

続きを読む

2016年

8月

26日

「三段廻り階段」原寸模型作りました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、先週の実技課題で作った『廻り階段』について話したいと思います。

 

ほとんどの住宅が二階三階建てで出来ている今、限られたスペースを有効に使う為には廻り階段は必須です。

 

大工の中でも階段が作れれば一人前だということをよく言われます。

 

今回は実技なので、形状を覚えるための実寸模型です。

 

実際の仕事では、柱と側板を掘り込むためさらに板の大きさも少し変わります。

 

続きを読む

2016年

8月

19日

絶対不可欠な作業「研ぎもの」について

 

見習い大工の眞利子です。

 

前回は、大工道具の鉋について様々な種類と用途があることを紹介しました。

 

今日は、その刃物を使うためには絶対不可欠な「研ぎもの」について紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

8月

12日

珍しい鉋がたくさん!長弘の二寸鉋買いました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回は先週の日曜日に行った、金物屋さんのことについて話したいと思います。

 

訓練校の同級生が鉋(カンナ)を買いたいというので、自分は付き添いです。

 

最近は、なかなか鉋などを置いている金物屋さんも少なくて大変です。

 

この金物屋さんは遠方の宮大工さんたちも買いに来るくらい品揃えがいいので自分もよくいきます。

 

今回は一日中金物屋さんにいたので、隅々まで見ることが出来ました。

 

使い方も分からない道具もたくさんあって博物館のようです。

 

珍しいものをいくつか紹介したいと思います。

 

続きを読む

2016年

8月

05日

「柴又の帝釈天」に行ってきました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回は、先日行った「柴又の帝釈天」について話したいと思います。

 

自分の家からは自転車で三十分くらいで行ける為、身近な観光スポットです。

 

正式名称は「題経寺」といい、江戸時代に建てられたそうです。

 

見どころは、御堂全体に施された彫刻群です。

 

自分が訪れた理由も彫刻を見たかったからです。

 

続きを読む

2016年

7月

29日

折り畳み式「四方転びの脚立」をつくりました。

 

見習い大工の眞利子です。

 

今回は、先週学校の実技で作った「四方転びの脚立」について書きたいと思います。

 

前回の実技では正面の脚二本のみが四方転びになっている椅子を作りました。

 

今回は脚立なので、四本の脚すべてが外側(四方)へ転んでいます。

 

前回の応用も効くので、全体的にはあまり難しくはありません。

 

表と裏で一本ずつ墨付けができれば、そのまま隣の脚にも墨を写し取れます。

 

なので、ホゾ穴の精度と材料同士の胴付き面に気を使ったつもりです。

 

続きを読む

2016年

7月

22日

「隅木の模型」を振り返ってみて

 

見習い大工の眞利子です。

 

最近では実技課題のレベルも上がってきて、直接建物には関係のない椅子などもつくるようになりました。

 

道具の扱いを覚える意味ではとても勉強になりますし、出来上がった作品は家に持ち帰って使っています。

 

今回は、そういった難しい課題は少しおいといて過去に作った模型を振り返ってみたいと思います。

 

続きを読む

2016年

7月

14日

道具使いの練習1「相欠き」

 

見習い大工の眞利子です。

 

現在現場では、外壁に耐震材を打ち終わり大引きを掛けている途中です。

 

今日にはサッシも搬入されます。

 

着々と作業が進んでいる中、休憩の時間を使って道具使いの練習もしています。

 

今回、初めて手刻みにより一件の住宅を建てているのですが作業途中にもたくさんの改善点が見つかってきました。

 

その中でも特に重要なことが加工の精度を上げることです。

 

電気工具と違い手道具を使いこなすには繰り返し練習するしかありません。

 

これから先失敗のできない作業もたくさんしなければならないので少しでも経験値を上げる必要があります。

 

まだ数も精度も全然ですが、ひとつ説明したいと思います。

 

続きを読む

2016年

7月

08日

五葉松の「葉摘み」しました!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、いくつかある趣味の中からもう一つ紹介したいと思います。

 

それは「盆栽」です。

 

正確にいうと植物を育てることが好きなので、過去にもさまざまなものを育てたことがあります。

 

「朝顔の行灯作り」や『菊の三本仕立て」など本当にいろいろなことをやりました。

 

あとから振り返ってみればとても20代の男子がやることでもないように思います。

 

それも自分の周りに、自然と草や土に触れる環境があったからでした。

 

続きを読む

2016年

7月

01日

読み続けたい。一冊の本に出会って

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、自分に一番影響を与えてくれた、一冊の本について話したいと思います。

 

中学生のとき、将来の夢について書いた作文を国語の先生が大変気に入ってくれて、「君はこの本を読むべきだ。」と貸してもらった本です。

 

初めて読んだときは、専門用語や漠然と中学生が想像しているものをはるかに超える内容に、話の半分も理解できませんでした。

 

ですが、この本には何か特別なものが隠れているようで、読めば読むほど吸収できるものがある気がします。

 

本を返し、進学してからも、もう一度読みたくて単行本を買ったくらいです。

 

その本の名前は「木に学べ」と言います。

 

続きを読む

2016年

6月

24日

趣味は旅行に建築散策。「御朱印集め」にはまってます!

 

見習い大工の眞利子です。

 

今日は、自分のいくつかある趣味の中からひとつ紹介したいと思います。

 

それは、神社などでいただける「御朱印」を集めることです。

 

御朱印とは、もともと神社やお寺にお参りした際に参拝のしるしとしてその神社の名前などを書いてもらったのが始まりだそうです。

 

お寺ではお経を写した「写経」を収めるのと引き換えに御朱印をいただくのが正式なもらい方だそうです。

 

御朱印をもらうには「御朱印帳」という専門の手記帳が必要です。

 

これが自分の持っている御朱印帳です。

 

(左から台東区飛不動。表参道乃木神社。茨城県鹿島神宮。奈良東大寺さんでいただいた御朱印帳)

 

続きを読む

2016年

6月

17日

サシガネ使い、「四方転びの椅子」つくりました

私は今、週に一度職業訓練校に通っています。

 

図面などの勉強と一緒に実技というのがあります。

 

今回は、先週の実技で作った「四方転びの椅子」について話したいと思います。

続きを読む

2016年

6月

09日

天王祭に行きました!

おはようございます。

 

関東もとうとう梅雨本番、不安定な天気が続いていますが各地では様々な行事も盛んに行われているようです。

 

私は先日、荒川区にある素戔嗚神社の「天王祭」を拝見させていただきました。

 

昭和通りに面したこの大きな神社は六十一町が氏子に属するため、大人神輿から子供神輿まで総勢百基を超える御神輿が町中をねり歩くとても勇壮なお祭りです。

続きを読む

2016年

6月

03日

大工見習いブログはじめました!

初めまして、これからブログをはじめさせていただきます、大工見習いの眞利子と申します。

 

よろしくお願いします。

 

今日は、その第一回目ということで簡単な自己紹介からさせていただこうと思います。

 

私は大工見習いになって今年で三年目になります。

 

大工さんになりたいと思ったのは中学生の時でした。

 

ものごころついた頃から絵を描いたり、工作が大好きでしたし、生まれ育った家が祖父の建てた木造の家だったこともあって家を造る大工という職業が一番身近だったのかもしれません。

 

ちょうど高校進学を考える時期でもあり、工業高校の建築科へ進学しました。

 

しかし高校での木造の勉強は一年間しかなくあとはコンクリートの強度実験やRC工法の図面書きなど自分の目指していたのとは少し外れた勉強を主にしていました。

 

その間建築に関する本を読んだり、日本の伝統的な建築を見に奈良県へ一人旅をしたりもしました。

 

実際の木材に触れたくて放課後の時間で大工技能士の練習した日々もとてもいい経験になってます。

 

一緒に練習した仲間とは今でも仕事も含めていろいろなことを話し合える間柄になれました。

 

現在は親方の下で、毎日木材に触れる仕事ができ一日一日がとても充実しています。

 

早く一人前の職人になれるようこれからも頑張っていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

続きを読む

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。