• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

2017年

11月

13日

ダイライトが終わりボード張りをしています。

見習い大工の内田です。

 

先週に残っていたダイライトの釘打ちが終わりました。

 

今回、途中色々あったのですが結局手で打つことになりました。

 

多分前に見せたであろう120匁の玄翁が活躍してます。

 

まだ手になじんでませんが80匁の時よりも入りやすく打ちやすかったです。

 

続きを読む

2017年

11月

08日

修学旅行で京都へ~竹中道具館・箱木千年屋・二条陣屋~

見習い大工の内田です。

 

前回に続き修学旅行で自分が気になった場所を紹介したいと思います。

 

前回からの続きで3か所目は竹中大工道具館です。

 

竹中大工道具館は日本で唯一の大具道具の博物館で昔の先史時代から今までの木造建築の進化と共に歩んできた大工道具の歴史を実物や復元資料、模型と共に理解しやすいよう展示してあります。

 

続きを読む

2017年

10月

31日

修学旅行で京都へ~妙喜庵・聴竹居~

見習い大工の内田です。

 

先週建前がありましたがその建前の後すぐに自分は訓練校の修学旅行に行ってきました。

 

1日目は移動だけで終わったので見学は2日目からでした。

 

見学した中でも自分が特に面白いと思うものを上げて書いて行こうと思います。

 

1か所目は妙喜庵(みょうきあん)です。

 

続きを読む

2017年

10月

24日

本郷の現場の建前が終わりました。

見習い大工の内田です。

 

先週の金、土曜日に本郷の3階建ての建前がありました。

 

土曜日は10時くらいから雨はやんだのですが2日目は1日雨が降っていました。

 

建前では土台引きは前日には終わらせておきそこから柱を立てて梁を落としていき床板をひいていきます。

 

続きを読む

2017年

10月

17日

建前に向けて

見習い大工の内田です。

 

建前が今週の金、土曜日にあり下小屋もきれいになってきました。

 

先週から今週にかけては建前に向けて残りの仕事を片付けていました。

 

先週ブログに書いた柱のホゾ取りは終わりました。

 

続きを読む

2017年

10月

10日

釿・鉞を初めて使いました。

見習い大工の内田です。

 

 

学校の授業で釿(ちょうな)、鉞(まさかり)、を使ったのでそれについて話したいと思います。

 

釿は手斧とも書きそもそもクサビで割った材の長面を平らに削る鉄性の道具で特に柱や小屋張りのならし面、破風の荒削りなどには必ずといってよいほど使われていたようです。

 

続きを読む

2017年

10月

03日

念願の刻みに参加!

続きを読む

2017年

9月

26日

わざわ座の家具[椅子]を作りました

見習い大工の内田です。

 

昨日までわざわ座の家具で椅子を作りました。

 

わざわ座の家具はデザイナーが設計しており図面が細かく決めてあり図面を読み取るのに少し時間が掛かりました。

 

図面を見ながら必要な材を拾いました。

 

家具でなるべく軽くなるように杉を使いました。

 

続きを読む

2017年

9月

20日

建具の調整等細かい所をやりました。

見習い大工の内田です。

 

今日石神井台の現場ではクリーニング屋さんが入り現場を綺麗にしています。

 

なので自分は一度下小屋に戻り作業になります。

 

今回は先週から現場でやってきたことを細かい所になりますが紹介していきたいと思います。

 

前回建具を吊り込んだ話は書いたと思いますがその状態から手掛けを掘り建具を調整しました。

 

手掛けは自分で作った型枠をセットしてルーターで掘りこみ作ります。

 

建具の調整は建具同士が擦っていないかや建具と枠との間に隙間がないか見ます。

 

建具と枠との隙間に関しては建具を枠にあててみて隙間があるようなら鉋であたってるところを削ります。

 

隙間が大きいようなら下の戸車を少し深く入れたりして調整していきます。

 

続きを読む

2017年

9月

12日

完了検査に向けて建具を吊り込んでいます。

見習い大工の内田です。

 

今自分は建具の吊り込みをしています。

 

建具は家具調の建具は18㎜、出入り口の建具は30㎜のランバーコアを使います。

 

ランバーコアをそれぞれの寸法に合わせて切り両端に単板を接ぎ合わせます。

 

続きを読む

2017年

9月

05日

隅木と振れ垂木の加工

続きを読む

2017年

8月

29日

動力の自動カンナと手押しカンナが下小屋に入りました。

見習い大工の内田です。

 

下小屋に動力の自動カンナと手押しカンナが入りました。

 

入ったと言ってもまだ仮置き状態で線も繋いでいないので使うことはできません。

 

続きを読む

2017年

8月

22日

3段の廻り階段をつくりました

続きを読む

2017年

8月

08日

和室の天井板を浮造り仕上げの加工してます

見習い大工の内田です。

 

練馬区石神井台の現場で今自分は和室の天井に使う杉の板材に浮造り(うづくり)仕上げの加工をしています。

 

浮造り仕上げとは綺麗な木目を引き立てるために木の表面をこすり木目の硬い部分だけが浮き彫り状に残す仕上げです。

 

やり方はワイヤー等で木の表面をこすって凹凸を作っていくだけなのですがどうして凹凸になるのかと言いますと木には年輪があり1年に1本円状に作られていく輪のことです。

続きを読む

2017年

8月

01日

木材の反りについて

 

見習い大工の内田です。

 

少し前に前回の現場で建具の立て付けが悪くなってしまったとの事だったので直しに行ってきました。

 

扉がが反っており普通に扉を閉めても溝に入らず少し扉を押しながら閉めないと最後まで入らない状態でした。

 

枠の溝を削り少し広げることでうまく入るようになりました。

 

続きを読む

2017年

7月

25日

天井のボード貼りをしました。

見習い大工の内田です。

 

前にロフトのボード貼りについて書いたと思いますが作業は進み残るボードは2階の床を残してほとんど細かいところになりました。

 

自分は1階の天井のボード貼りをしました。

 

一人で天井ボードを貼る時はTの字型のトンボを天井より少し長めに作り天井につっぱってボードを押さえながら作業します。

 

続きを読む

2017年

7月

18日

四方転びの脚立を作りました

続きを読む

2017年

7月

11日

鉋の裏座を調整しました。

 

見習い大工の内田です。

 

この前に鉋の調整をしました。

 

前に鉋の研ぎについて話したと思いますが今回は裏座を直しました。

 

裏座は木材を削った時に起こる坂目を止めるためのものです。

 

続きを読む

2017年

7月

04日

ロフトの石膏ボードを貼りました

見習い大工の内田です。

 

現場では今自分は石膏ボードを貼っています。

 

石膏ボードとは石膏を主成分とした素材を板状にして特殊な板紙で包んだ物でで非常に丈夫で耐火性、防火性、遮音性が高い建築材料になります。

 

今回の現場は壁には12.5㎜を貼り、床・天井には9.5㎜を貼っています。

 

自分はロフトを貼りました。

 

ロフトは上が化粧で高さがないので常に当たらないように気を付けてやってました。

 

続きを読む

2017年

6月

27日

昔の和風建築を残した「はん亭」に行ってきました。

見習い大工の内田です。

 

先日「はん亭」根津本店に行ってきました。

 

根津駅近くの不忍通りと1本東側の道路に挟まれた敷地の角地に建物があります。

 

続きを読む

2017年

6月

20日

大工技能士2級課題「四方転びの踏み台」

見習い大工の内田です。

 

先週に金、土曜日と二日間で学校の実技がありました。

 

今回の課題は「四方転びの踏み台」です。

 

四方転びとは四方の柱が中央に向かって傾斜した形状を言います。

 

四方転びにすることで真っすぐの時よりも安定し主に寺の鐘楼や神社の水屋などに使われます。

 

この四方転びのを半分にしたものが今回の課題です。

 

今回の課題は今の2級大工技能士の課題です。

 

今回の課題を作るにあたって始めに原寸図を描くのですがその時に勾股玄の定理というものを使います。

 

勾股玄の定理とは直角三角形の三辺に関する定理で勾は直角三角形の短辺、股は長編、玄は斜辺のことを表しています。

 

勾股玄の定理=三平方の定理です。

 

この直角三角形に自在に線を出していくことで四方転びで使う勾配を出します。

続きを読む

2017年

6月

15日

断熱材を入れ終わり気密シートを張っています

見習い大工の内田です。

 

今週は軒裏の塗装をし、断熱材を入れ終わりました。

 

塗装はオスモカラーと言われる自然塗料を使い塗装しました。

 

このオスモカラーはキズや水分から表面を保護するだけではなく木に深く浸透し木の呼吸を塞がずに木の高い耐久性を発揮します。

 

軒裏が四方にあるので塗装するのにも時間が掛かってしまいました。

 

続きを読む

2017年

6月

06日

天王祭に行ってきました

見習い大工の内田です。

 

4日の日曜日に南千住の素戔雄神社(すさのおじんじゃ)で開催されていた天王祭に行ってきました。

 

お祭りには普段あまり行かないので楽しみでした。

 

 

続きを読む

2017年

5月

30日

丸太の桁と柱の仕口

見習い大工の内田です。

 

職業訓練校では月に一度実技があります。

 

今回は前回実技でつくった「丸太の桁と柱の仕口」について話そうと思います。

 

どのような物かと言いますと丸太の桁に対して垂直に角の柱をホゾで差し込む形になっていました。

 

始めに墨付けをするのですが丸太の材料は角の材料とは違い水平、垂直を出すのが難しいです。

 

差しがねを丸めて一周させることは難しので差しがねを水平にし上から見るようにし墨を付けます。

 

上から見て墨を付けるので見かたによって墨がずれてしまいます、なので注意しながら墨を付けていきます。

 

墨付けをしたら次は加工します。

 

丸太は柱のホゾが入るためのホゾ穴を加工しけた垂木かけを落とします。

 

続きを読む

2017年

5月

16日

鑿の研ぎについて

見習い大工の内田です。

 

自分は今,週に一度職業訓練校に通ってます。

 

前回は授業の方で研ぎについて学びましたのでそれについて話そうと思います。

 

まずどのように刃を研ぐのか簡単に説明します。

 

始めは中砥石の方で刃表の刃先を砥石にちゃんと合わせ角度を保ちながら前後にしっかり動かし刃がえりがでるまで研ぎます。

 

刃がえりたら仕上げの砥石でその刃がえりを取り中砥石と同じように研いで仕上げていきます。

 

続きを読む

2017年

5月

09日

建前が無事終わりました

 

見習い大工の内田です。

 

先日現場では建前が終わりました。

 

1日で土台が敷いてある状態から棟を上げ登り梁までかけ終えました。

 

建前の日はいつもバタバタしていて大変です。

 

 

今回はそんな建前について紹介したいと思います。

続きを読む

2017年

5月

02日

土台敷きと仕上げ

見習い大工の内田です。

 

昨日現場の土台敷きが終わりました。

 

土台敷きとは基礎コンクリートの上に土台や大引を設置していく作業です。

 

午後から雨が降ってくるとの事だったので急いで終わらせてきました。

 

 

続きを読む

2017年

4月

25日

桧のベッドが出来ました。

見習い大工の内田です。

 

先週はベッドをつくっていました。

 

まだ終わっていないので、刻みの方には参加できていません。

 

先週に次はホゾを変えてつくると書きましたが、ホゾは変えたことにより見た目はよくなりました。

 

途中からけびきを使い始めました。

 

毛引とは材料の縁に沿って表面に平行な線を引くことができる道具です。

 

続きを読む

2017年

4月

18日

桧でベッドをつくっています。

見習い大工の内田です。

 

先週は障子の紙張り、床のワックスがけ、単板貼り、と色々やっていましたが自分は今ベッドづくりに取り掛かっています。  

 

今回はそのベッドについて紹介したいと思います。

 

どのようなベッドかといいますと、前と後ろに柱がありその柱と柱をつなぐように貫がさしてあります。

前の足は後ろよりも長くなっており、前の柱の先にも貫があるような形です。

 

 

続きを読む

2017年

4月

11日

刻みのため叩き鑿を買いました。

見習い大工の内田です。

 

ただいま現場では親方が次の新築の図板を引き、土台の墨付け刻みをしています。

 

自分と兄弟子は後付けの家具のつくえやベッド等、まだやらないといけない事が残っているため急いで取り掛かっています。

 

早く刻みに参加したいです。

 

刻みのために新しい道具を買いました。

 

続きを読む

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。