• 2階リビング
  • 上野桜木リビング
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅
  • 東京で木の家の注文住宅

ブログ

家づくりや快適な住まいの情報などをブログにしています。

よろしければ、ご覧ください。

2019年

5月

21日

杉の窓枠を加工しました。

見習い大工の内田です。

 

浅草マンションリフォーム現場は床の作業はベニヤ貼りまで終わりました。

 

 

これでコンクリの時よりも歩きやすく足も少しは疲れなくなりました。

 

床が終わったので自分は窓枠の加工に入ります。

 

今回も窓は1か所を除き内窓を付け2重窓になります。

 

そこに障子が取り付いたりとするので枠は耐火木造3階建てに負けないくらいの幅の広いものが何本かあります。

 

続きを読む

2019年

5月

14日

床(パーチクルボード)の施工をしました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草のマンションリフォーム現場は天井野縁が出来る所までは終わり後は窓枠と野縁が絡んでくるので窓枠を組んでからの施工になります。

 

続きを読む

2019年

5月

13日

トイレに適した壁材の種類や選ぶ時のポイントをご紹介します

トイレのプランを考える時に便器や手洗い器の他にトイレの壁材を選ぶことも大切です。

 

水周りであるトイレには、水や汚れに強く、消臭効果に優れた機能性のあるものを選びたいですよね。

 

一口にトイレの壁材と言っても様々な種類があります。

 

では、トイレに適した壁材にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、トイレに適した壁材の種類や選ぶ時のポイントをご紹介します。

トイレの壁材を選ぶ時のポイント

続きを読む

2019年

5月

07日

勾配天井の野縁を組みました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草のマンションリフォームの現場では先週キワ根太を終わらせ自分も天井の野縁組みに入りました。

 

今回は天井が勾配の部分が2つあります。

 

1つはただの片方に勾配がついている物なのですがもう一つが切妻天井になっていてそこにエアコンが取り付くので組み立てが苦労しています。

 

 

とりあえず簡単な片勾配の天井から組んでいきます。

 

周りの野縁をまず組み勾配を取ります。

 

続きを読む

2019年

4月

30日

軸建てができ、部屋の形がわかりやすくなってきました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草リフォームは前回に続き軸建てをやっています。

 

 

今回は今ある窓全てに中にもう一回内窓を取り付けることになっているので窓枠の大きさがどこも大きく作るようになっています。

 

内窓を取り付けるにあたって重さがあるので窓枠が下に沈まないように下地を組み込むことにしました。

 

続きを読む

2019年

4月

23日

新しいリフォームの現場に入りました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週から新しいリフォームの現場に入りました。

 

浅草のマンション1室全てのリフォームになっています。

 

続きを読む

2019年

4月

20日

アイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介します

キッチンのレイアウトを考える時に対面式を選ぶ方は多いと思います。

 

その中でも人気の高い対面キッチンの一つにアイランドキッチンがあります。

 

このアイランドキッチンとはどんなキッチンで、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、アイランドキッチンのメリットとデメリットをご紹介します。

アイランドキッチンとは?

続きを読む

2019年

4月

16日

建具が入れ終わりました。

見習い大工の内田です。

 

浅草断熱リノベーション現場はほとんど終わりとなりました。

 

残っているのはクリーニング後にやる物と外部のトイレ前の格子が後から追加になったので残っています。

 

 

クリーニングまでに残っていた作業は建具関係です。

 

今回は建具の数が家具も入れて41枚ありました。

 

リノベーションで1階だけの数にしてはかなりの数がありました。

 

その内框ドアとして作ったものは27枚障子が6枚で残りがシナランバーコアで作ったものになります。

 

続きを読む

2019年

4月

09日

家具の引き出しをつくりました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーションは、昨日まで自分たちは一度小屋に戻って建具の製作をしていました。

 

現場の方は先週の水曜日までに建具以外を終わらせていました。

 

 

キッチンの引き出しです。

 

いつもと同じくランバーコアで箱モノを作り金物で出し引き出来るようになってます。

 

今回は引き出しと引き出しの間が少し空く様に作ってみました。

 

続きを読む

2019年

4月

02日

外部に焼杉を貼りました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週は左官屋さんが内部で作業をしていたので自分たちは外に出て外部の施工をしていました。

 

外部の化粧板を貼れる様にまずは縦胴縁を打ちその後にザラ板を貼っていきました。

 

塗り物ではないのでザラ板のピッチは少し大きめに開けて打っています。

 

続きを読む

2019年

3月

30日

タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介します

家づくりをする時に欠かせない空間であるトイレには様々なタイプがあります。

 

その中でも人気の高くなってきているのがタンクレストイレです。

 

新築だけでなくリフォームでもタンクレストイレを検討している方も多いと思います。

 

そこで今回は、タンクレストイレのメリットとデメリットをご紹介します。

続きを読む

2019年

3月

26日

階段の施工をしました。

 

見習い大工の内田です。

 

今回の浅草リノベーションは1階が断熱リノベーションで他にも2階の廊下の床の張り直しと1階から2階までの階段の化粧を変えてほしいとのことだったのでそちらの施工もしました。

 

2階の廊下の前の化粧はカーペットだったのですがそのカーペットを剥がし下地としてベニヤを貼りその上に1階と同じ桧の無節を貼りました。

 

階段の方は鉄骨階段だったのでそのまま上に化粧の段板が入る形になりました。

 

 

階段は親方が施工したのですが階段の周りの壁は壊さずそのままなので階段の段板をピッタリ入れていかないといけないので大変そうでした。

 

段板が入ると手摺りの施工をやりました。

 

親柱を立ててその上に笠木がかぶさり手摺り部分を少し下に持って行っている見た目はシンプルなものですが親柱の固定の仕方に苦労しました。

 

手摺りの部分は幅を小さめにしルーターで丸く取り握りやすい形にしています。

 

続きを読む

2019年

3月

20日

家具の取り付けに入りました。

見習い大工の内田です。

 

浅草断熱リノベーション現場では家具工事が始まりました。

 

とりあえず家具の天板が大きくて邪魔になるので天板を先に全て入れてから家具の中をやる事にしました。

 

 

始めに1番で大きいTVボードとそこに隣接している作業机を取り付けました。

 

作業机の方立とTⅤボードの天板が絡んできているので方立の方を掘りこんでTⅤボードを入れ込んで作っています。

 

TⅤボードの長さがこの方立から壁までいっぱいの長さなの加工する長さがギリギリでないといけません。

 

その為何度も取り外して調整しながら入れました。

天板の重さがそれなりにあるので入れるのに苦労しました。

 

続きを読む

2019年

3月

12日

家具の枠と天板をつくりました。

見習い大工の内田です。

 

今回の浅草断熱リノベーション現場では作業スペースがあまり広く取れなくリビングの床のフローリング貼りをやるには1人の方がやりやすのでフローリングは親方に任せ自分は下小屋に戻り家具の天板と枠を作っていました。

 

 

家具の天板は基本桧でワークスペースの部分の机だけナラでやることになりました。

 

天板はTⅤボード、ワークスペース、洗面、キッチン前の収納で2枚で計5枚と家具の仕切りにも接ぎ合わせでやる部分が3箇所あり合計8枚の剥ぎ合わせの板があります。

 

続きを読む

2019年

3月

05日

枠の組み立てが終わりました。

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーションは枠の組み立てが終わりました。

 

前回のブログでは枠の加工仕上げをしていましたが家具を除いて枠が全て入りました。

 

仕上げ作業はヒノキと言う事もありそれなりに早く終わりました。

 

家具の材料はナラなどもあります。

 

ナラなどの堅木は分合わせをしてから少し時間が経ってしまうと反ってしまい鉋がのらなくなってしまうのですぐに仕上げ作業をやらないといけません。

 

すぐできればいいのですが全てがそんなに早く出来るわけではないので苦労しそうです。

 

続きを読む

2019年

2月

26日

桧と杉の枠の加工をしています。

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーション現場では先週、一度下小屋に戻り窓枠と入り口枠の加工をしていました。

 

今回の枠は窓枠が桧と杉で出入り口と物入れなどの枠は全て桧になっています。

 

続きを読む

2019年

2月

19日

屋根形状の種類とメリット・デメリットをご紹介します

家づくりにおいて屋根は外観のイメージを大きく左右する部分です。

 

以前、このブログで屋根材の種類をご紹介しました。

 

詳しくはこちら⇒「注文住宅で使用されている屋根材の種類や特徴」

 

屋根を選ぶ時には、屋根材だけではなく屋根の形状も考慮して選ぶ事が大切です。

 

では、屋根の形状にはどのような種類があるのでしょうか?

 

一口に屋根と言っても様々な形状があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

そこで今回は、屋根の形状の種類とメリット・デメリットをご紹介します。

切妻屋根

続きを読む

2019年

2月

19日

断熱処理をしています。

見習い大工の内田です。

 

浅草断熱リノベーション現場は断熱施工をしていました。

 

 

前にはむき出しだったコンクリの柱にも断熱材を囲いました。

 

固定がしにくくとりあえず根太ボンドを断熱材の裏に塗ってクサビで固定しています。

根太ボンドが固まったらクサビをとり後から木でさらに抑え込みます。

 

そして天井の断熱処理もしました。

 

 

続きを読む

2019年

2月

12日

サッシが入りました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーション現場にサッシが入ってきました。

 

元駐車場だった所はサッシが入り防水シートまでの処理が終わったのでこれで防水が取れ元駐車場の内部作業に入れます。

 

 

こちらのやり方は先に土台からやるのでは無く気密の関係で外回りからやっていきます。

 

ここら辺は木造と同じように断熱を入れ気密シートを貼ります。

 

続きを読む

2019年

2月

05日

軸建てをしています。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーションは先週から作業は続き出来るところまでの床のベニヤ貼りは終わりました。

 

元駐車場だった所は外部の防水作業がまだできず中に水が入ってしまう状態なのでそちらの作業は今してない状態になります。

 

続きを読む

2019年

2月

02日

玄関アプローチに使われる素材の種類を7つご紹介します

住宅と外を結ぶ玄関アプローチは、玄関に入るまでに必ず通る場所のため、住宅の印象を大きく変える大切な空間です。

 

玄関アプローチの素材にはどのような種類があるのでしょうか。

 

そこで今回は、玄関アプローチに使われる素材を7つご紹介します。

玄関アプローチとは?

続きを読む

2019年

1月

29日

内部の床作業に入りました。

 

見習い大工の内田です。

 

浅草の断熱リノベーション現場では先週駐車場と内部との壁を解体しました。

 

解体自体は午前中には終わりその後無事外部の囲いも終わり戸締りもできるようにしました。

 

 

結構広いスペースが取れるようになったのですが元からある基礎が邪魔で行き来するのが結構大変です。

 

外部はサッシが来るまで後にして内部の土台、大引引きをやっていきます。

 

続きを読む

2019年

1月

22日

外部の囲いを作っています。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区浅草の断熱リノベーションの現場では先週から外部の駐車場の囲い作業に入りました。

 

先週のブログで書いたように外部の基礎は終わっているので土台作業から入ります。

 

ここのやり方は基本木造と同じやり方になります。

 

 

土台を引き端の柱を立てた後に梁を入れます。

 

この写真の真ん中に立っている物は梁を突っ張って押さえるものであとで取り除きます。

 

ホゾで入れていきたいのですが高さが決まっていて梁が上から入れられないので横からさし梁は金物で止める形になってしまいます。

 

続きを読む

2019年

1月

15日

浅草で断熱リノベーションが始まりました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週から台東区浅草の断熱リノベーション現場に入っています。

 

 

 

今回は戸建ての1階の全てと外にある駐車場を無くして外回りに壁を作り、部屋にして断熱改修を行い断熱性を上げるリノベーションです。

 

元ある駐車場と部屋の壁を壊して部屋を作っていくのですがそこの基礎高が高く床を平らにしてつくるにはその基礎上で床を貼っていかないといけません。

 

そのため部屋内の床高もそこに合わせてつくっていくので高さが今より結構上がります。

なので今回は部屋内部も大引をひいて作っていきます。

 

続きを読む

2019年

1月

10日

新年あけましておめでとうございます。

 

見習い大工の内田です。

 

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

新年のあいさつはしましたが今回は去年の終わりの事になりますが大掃除、林場の片付けをやっていました。

 

続きを読む

2019年

1月

08日

リノベーションの流れ2(物件購入~入居その後のメンテナンス)

前回、中古マンションをリノベーションする流れについて、イメージを描くところから物件探しまでをご紹介しました。

 

詳しくはこちら⇒「リノベーションの流れ1(イメージを描く~物件探し)」

 

2回目の今回は、前回の続きからで、リノベーションの流れについて中古マンションの購入からリノベーションして入居、その後のメンテナンスまでをご紹介します。

中古物件の購入(決定してから契約まで)

続きを読む

2018年

12月

26日

杉の框ドアをつくりました。

 

見習い大工の内田です。

 

今週の内には自分たち大工は板橋区志村の現場のリフォームは終わりになります。

 

昨日の内で残っているのは単板貼りや建具の調整のみとなっています。

 

建具の吊り込みも終わっています。

 

続きを読む

2018年

12月

18日

先に寝室の物入れを作りました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週はとりあえず先に寝室の物入れを先に作りました。

 

物入れの加工はいつもと同じくシナランバーを使い高さ1800で固定棚が付く形になっています。

 

続きを読む

2018年

12月

11日

杉の枠の加工をしました。

見習い大工の内田です。

 

先週で床のパーチとベニヤ貼りが終わり今週は壁と天井をやっています。

 

壁は軸建てが始めにやってあるので家具の下地を入れたらすぐにボード貼りで天井は野縁を組みボード貼りになります。

 

壁のボードを貼るにあたり窓枠や入り口枠が必要になるので枠の加工に入りました。

 

 

枠の加工をする為に一度下小屋に戻りました。

 

今回の枠は基本全て杉で敷居だけ桧になります。

 

今回のフローリングはカバになっています、なのでその色合いに似ている桧を敷居に使います。

 

下小屋ではクセ取り、部合わせだけやり残りの溝の加工は現場でやります。

 

続きを読む

2018年

12月

04日

板橋区志村のリフォームに入りました。まずは軸建てです。

 

見習い大工の内田です。

 

先週から板橋区志村の中古マンションリフォーム現場に入っています。

 

リフォームを1から丸々やるのは初めてなので所々で考えがつまり動きが止まってしまいます。

 

少し初めての木造の現場を思い出します、、、

あの時よりはまともに出来るようになっていると思いたいです。

 

続きを読む

2018年

11月

27日

リノベーションの流れ1(イメージを描く~物件探し)

中古マンションを購入してリノベーションする住まいづくりが増えています。

 

では、中古マンションをリノベーションする流れはどのようになるのでしょうか?

 

そこで今回は、中古マンションをリノベーションするための流れについて全2回に亘ってご紹介していきます。

 

1回目の今回は、最初にどのようなリノベーションにするかイメージを描くところから中古マンションを探すまでの4つの流れをご紹介します。

どのような住まいにしたいか思い描く

続きを読む

2018年

11月

27日

わざわ座のこども椅子をつくりました。

 

見習い大工の内田です。

 

先週で鳥越の現場も終わり無事引き渡しも終わりました。

 

ベッドの組み立てももちろん終わらせてます。

 

続きを読む

2018年

11月

20日

ウッドデッキとベッドつくり。

見習い大工の内田です。

 

先週に現場にクリーニング屋さんが来て現場を綺麗にしてくれました。

 

自分は下小屋の方に戻りウッドデッキと家具のベッド作りに取り掛かりました。

 

 

ウッドデッキの土台は先に置いておいたのでその大きさに合わせてスノコの様に組み立てるだけで簡単に終わります。

 

今回のべランダは広くスノコの枚数は6枚になっています。

 

下小屋で組み終えたらウッドデッキは先に入れてきました。

 

続きを読む

2018年

11月

13日

建具が全て入りました。

 

見習い大工の内田です。

 

今週で現場にクリーニングが入るので今週でほとんどの作業は終わります。

 

 

 

先週で建具は全て入れ終え手掛けや立て付けの調整も終わりました。

 

建具は全て基本的に同じやり方をしています。

 

立て付けは戸車で多少は調整し後は鉋で調整するのですが1回1回建具を取って調整しないといけないので家具の方は良いのですが出入り口の建具は出し入れするだけでも大変になります。

 

前回書いたように建具の調整には思ったとおりに時間が掛かってしまいました。

 

続きを読む

2018年

11月

06日

建具と引き出しを作りました。

見習い大工の内田です。

 

先週は主に建具と引き出しを作っていました。

 

今回の建具は2階はナラで作りそれ以外はシナで作っています。

 

建具を全て入れてから手掛けを掘ろうと思っていて手掛けはまだ掘っていなので建具を締め切ってしまうと建具が開けにくくなっています。

 

今回の建具は天井いっぱいであるものが少ないのでいつもよりも建具が入れやすかったです。

 

続きを読む

2018年

10月

29日

現場の珪藻土が塗り終わりました。

見習い大工の内田です。

 

先週で現場での左官屋さんの左官作業は終わり珪藻土が全て塗り終わりました。 
  
珪藻土が終わると雰囲気がかなり変わってくると同時に傷がつけられないので壁に物が置けなくなり作業スペースが狭くなりました。
 
続きを読む

2018年

10月

26日

中古マンションリノベーションに必要な費用をご紹介します

中古マンションを購入して、そこをリノベーションして自分たちのライフスタイルに合った住まいづくりをする事が増えてきています。

 

マンションリノベーションをする時には、どのような費用が掛かるのでしょうか?

 

リノベーションに掛かる費用は、物件購入代やリノベーション工事費用だけではありません。

 

そこで今回は、中古マンションリノベーションに必要な費用をご紹介します。

費用は大きく分けると3つ

続きを読む

2018年

10月

23日

ナラで建具を作ってます。

 

見習い大工の内田です。

 

左官屋さんが今現場で珪藻土を塗っているので自分達は下小屋の方で建具や化粧板作りに取り掛かっています。

 

2階の建具は全てナラでつくります。

 

自分はまずその2階の物入れと入り口部分の建具を作りました。

 

続きを読む

2018年

10月

20日

リノベーションに適している中古マンションを購入する時の注意点

最近では、新築マンションを購入するよりも、中古マンションを購入してそこをリノベーションする住まいづくりが増えてきています。

 

リノベーションをする前に大切なことは、リノベーションに適している中古マンションを購入する事です。

 

中古マンションの中には、リノベーションするのには向いていない物件もあります。

 

そこで今回は、リノベーションに適している中古マンションを購入する時の注意点をご紹介します。

リノベーションできない物件もあるので注意

続きを読む

2018年

10月

16日

収納づくりと建具の加工

見習い大工の内田です。

 

先週、先々週と続き2階にずっと居座り家具づくりをしていました。

 

昨日から左官屋さんが現場に入るとの事だったので左官屋さんが入るまでに進めたところを紹介したいと思います。

 

 

先週写真で紹介したテレビボードも奥と天井にシナベニヤを貼り棚板まで落としました。

 

残りは雑巾ずれと棚板の単板、建具となっています。

 

ここまでに置いてあったシナランバーもほとんどなくなってきました。

 

同じくキッチンボード等のキッチン廻りの収納もシナベニヤを貼り棚を落としました。

 

続きを読む

2018年

10月

09日

2階の作り付け家具をつくっています

見習い大工の内田です。

 

先週から自分は2階の作り付けの家具をつくっています。
 
昨日で珪藻土絡みの部分は終わりました。
 
あとはボードの面取りの確認等はありますがとりあえず家具作りに入ります。
 

 

まずは玄関側のマガジンラックを作りました。

 

このマガジンラックの上は窓枠になっておりここには障子の2枚引きが来ます。
 
そのため窓枠がかなり飛び出ているのでその無駄なスペースを使った物になります。
 
正面にはナラのフロアを貼っています。
 
ここのフロアは節がポイントになるようになるべく節があるものを持ってきています。
続きを読む

2018年

10月

06日

リノベーション会社の種類や選ぶ時のポイントをご紹介します

自分たちのライフスタイルに合った自由な住まいづくりができるリノベーション。

 

既存の建物に大規模な改修工事を行うことで、新築よりも費用を抑えることができるため、最近ではこのリノベーションが多くなってきています。

 

そして、リノベーションを行う上で重要になってくるのはリノベーションを依頼する会社を選ぶ事です。

 

では、リノベーション会社にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、リノベーション会社の種類や選ぶ時のポイントなどをご紹介します。

リノベーション会社の種類は?

続きを読む

2018年

10月

02日

フローリングは無事終わりキッチンに入っています。

見習い大工の内田です。

 

先週残っているフローリングは1階の廊下だけと書きましたが廊下の物入れの枠をセットしてフローリングも貼っていきました。

 

続きを読む

2018年

9月

25日

ナラのフローリングを貼っています。

 

見習い大工の内田です。

 

外部の足場が外れましたので外部の全体像がはっきり見えるようになりました。

 

今はベランダの手すりのレッドシダーだけ貼られていますが後にベランダの天井、玄関の天井、2階窓の所に手摺りとして木か取り付きます。

 

今の状態だとベランダの手摺りだけが目立っていますが他が取り付いたらバランスよくメリハリが付くと思います。

 

続きを読む

2018年

9月

22日

中古マンションリノベーションで失敗しないための注意点

最近では、新築マンションを購入するよりも中古マンションを購入してリノベーションする事で自分たちのライフスタイルに合った住まいづくりが増えてきています。

 

では、中古マンションをリノベーションする時に注意すべきポイントは何なのでしょうか?

 

そこで今回は、中古マンションをリノベーションする時に失敗しないための注意点を4つご紹介します。

1 リノベーションできない物件もあるので注意

続きを読む

2018年

9月

18日

外部、ガルバリウム鋼板の施工

 

見習い大工の内田です。

 

鳥越の耐火木造3階建ての現場は先週の内に外部のガルバリウムが貼り終え他の配管やコーキングまで終わりました。

 

なので今回は外部のガルバリウムについて紹介したいと思います。

 

今回のガルバは見てわかるように縦張りでなく横張りです。

 

理由とすれば正面に継ぎ目をなくしたかったからだそうです。

 

縦で継ぎ目をなくしてやろうとすると9メートルぐらいの物が必要になってきてしまいます。

そうすると色々大変なことがあります。

 

続きを読む

2018年

9月

11日

ドア枠の組み立てやフローリングに向けての施工

見習い大工の内田です。

 

先週、鳥越の木造耐火3階建て現場では色々な事進めていました。

 

まずは3階のドア枠の取り付け下地組みです。

 

 

実際に加工してから組み立てするまでうまく組み上がるか心配だったので組み立って一安心です。

 

ですが他の絡みの時に不具合が出てきてしまうかもしれませんがそれはその時に考えます。

 

枠と同時に下地も組んでいきます。

 

ドア枠が入ったら今度は下地に石膏ボードを張ってい行きます。

 

 

続きを読む

2018年

9月

03日

耐火構造の階段にナラの段板を取り付けました。

見習い大工の内田です。

 

先週のドア枠に引き続き自分は階段の加工、仕上げをしていました。

 

階段も床と同じくナラになります。

 

今回は少し始めの製材から紹介したいと思います。

 

続きを読む

2018年

8月

28日

ドア枠の加工をしています。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の現場では自分は今ドア枠の加工をしています。

 

今回の材種は基本的に敷居が床と同じナラでその他の鴨居や方立が桧になります。

 

窓枠とは違い引き違いや1本引き、アウトセット等当たり前ですが色々な種類があり収まりが全て違うので加工しているうちにどんどん頭がこんがらがってきてしまいます。

 

 

材料の分合わせは自分がやってはいないので自分は溝の加工からになります。

 

この溝で1番大変なのがアウトセットの枠です。

 

アウトセットとは壁の外側に扉がありそこで開閉する引き戸のことを言います。

 

アウトセットには建枠がないものなので敷居と鴨居の溝を最後付き留めないといけません。

 

更に敷居はⅤレールが入るのですがⅤレールを入れるのに溝の大きさがちょうどよくないといけません。

 

敷居が桧なら少し小さくても叩いて入るのですが今回はナラなので少し小さいと入らなく少し大きいと浮いときてしまいます。

 

続きを読む

2018年

8月

25日

中古マンションリノベーションのメリットとデメリット

最近では、中古マンションをリノベーション前提で購入して自分たちのライフスタイルに合った自由な住まいづくりが多くなっています。

 

この中古マンションをリノベーションする事には、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、中古マンションをリノベーションする時のメリットとデメリットを3つご紹介します。

続きを読む

2018年

8月

21日

3階のボード貼りが終わりました。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越現場ではボード貼りをやっていました。

 

前のブログでは窓枠を入れて終わったと思いますがそこからその窓廻りのボード貼りからやっていました。

 

続きを読む

2018年

8月

18日

リフォームとリノベーションの違いをご紹介します

最近、リフォームの事をリノベーションと呼ぶことが増えてきています。

 

このリノベーションとは、リフォームと何が違うのか疑問に感じている方もいると思います。

 

そこで今回は、意外と知らないリフォームとリノベーションの違いをご紹介します。

リフォームとは?

続きを読む

2018年

8月

10日

枠材加工中

 

鳥越新築の入り口枠材の加工中です。

 

材種はヒノキ。

 

一本、収納の鴨居になる4・5メートルの材だけ杉です。

 

通常の材木の規格が4メートルです。

 

それ以上になると、特別に挽いてもらうことになるそうです。

 

今回は市場に直接取りに行きました。

 

 

まず、手押しで直角を出します。

 

木表部分を平らに削り、木端を手押し定規に当てて直角を出す作業です。

 

続きを読む

2018年

8月

07日

窓枠が入りました。

見習い大工の内田です。

 

前回ブログで窓枠について書きましたが今回はその続きからになります。

 

前回枠の部合わせまでやり現場に来ました、現場に来たら始めに材料の幅を丸ノコで落としていきます。

 

下小屋で幅は落としても良かったのですが一応落としたものを窓枠に入れてみて確認したかったので現場でカットしました。

 

幅を決めたら次はボードシャクリや障子溝を掘っていきます。

 

 

ボードシャクリとは窓枠とボードを絡ませて固定させられるようにするために掘る溝です。

 

ボードシャクリが終わったら次はアングルピースのシャクリと障子溝を掘ります。

 

続きを読む

2018年

7月

31日

窓枠の加工をしています。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越現場では今先週ブログに書いたように窓枠の加工をしています。

 

今回の窓枠の数は玄関を入れて17個ありそのうち障子が入るのは4個になります。

 

材料のクセ取りからやるので1度下小屋に戻っての作業になります。

 

材が大きいままだと加工しにくいので現場のサッシ図を見ながら材料を少し大きめにカットします。

 

 

枠の材料は杉を使っています。

 

だいたいの長さと枚数が取れたら次は手押しカンナで矩を出します。

 

大きい面のクセを先に取り次に小さい面のクセを取りながら矩を出していきます。

 

玄関の枠などの物は長さがどうしても長くなるので加工が少しやりにくいです。

 

続きを読む

2018年

7月

27日

鉋の裏出しの実践

 

先週の続きで今回は鉋の裏出しをします。

 

裏出しは、研ぎ減った裏を新しく叩き出す行為です。

 

ちなみに裏出しの後、いびつに出た裏を金盤で平らに修正する行為を裏押しと言います。

 

 

裏出しが必要な状態は、前回の豆鉋の様に欠けてしまった場合と写真のような裏が切れた場合です。

 

これから治していきます。

続きを読む

2018年

7月

26日

コンクリートや天然石など玄関土間の仕上げ方の種類

住まいの顔とも言える玄関は、住んでいる人が使用するだけではなく来客の時にお客様を迎えてくれる大切な空間ですよね。

 

ですから、玄関まわりの雰囲気は家づくりにおいて大切なポイントになってきます。

 

その中でも、玄関の土間部分は仕上げ方によって玄関のイメージが大きく変わってきます。

 

では、玄関土間の仕上げ方にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、玄関まわりの雰囲気を左右する玄関土間の仕上げ方の種類を4つご紹介します。

続きを読む

2018年

7月

24日

天井に断熱材を入れて気密シートを貼っています。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建て現場では先週から天井まわりをやっていました。

 

先週野縁のサッシ廻りの収まりを書きましたがサッシまわりの処理は終わり野縁は組み終わりました。

 

続きを読む

2018年

7月

20日

小鉋の修正

 

久しぶりの道具紹介です。

 

ですが、あまりうれしい話ではありません。

 

 

ヒノキ材のくせ取りをしていた時、節ともつかない目の悪い部分に引っかかってしまいました。

 

多少厚みがあったので、若干刃を出し気味に削ったところ鋼が剝れてしまいました。

 

無理した気はなかったのですが、割れが入ってたのかと思うくらいガッツリ持っていかれました。

 

続きを読む

2018年

7月

17日

内部ボード貼りをやっています。

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の耐火木造3階建ての現場では今ボード貼りをやっています。

 

何度も書いていると思いますが耐火木造3階建ては構造材を囲うように中と外部に21㎜ボード2重貼りになります。

 

 

1重目と2重目は継ぎ目をずらして貼っていかないといけません。

 

角もずらして貼っていかないといけない為壁の1重目が終わったらそのまま2重目に入るのではなく天井に入ります。

 

なので壁1重目が終わってから天井野縁を組みます。

 

続きを読む

2018年

7月

14日

洗面室で使われている床材の種類を5つご紹介します

家づくりにおいて、お部屋の床材を選ぶ時に何にしようか迷っている方も多いと思います。

 

特に洗面室などの水回りの部分は汚れや傷が付きやすいため、機能性も考慮して選ぶことが大切ですよ。

 

では、洗面室で使用されている床材にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、洗面室で使われている床材の種類を5つご紹介します。

フローリング

続きを読む

2018年

7月

13日

浅草マンションリノベーション完成しました

 

マンション完成しました。

 

丸二か月の工事、無垢の木づくしの部屋が出来ました。

 

 

天井はバルコニー側が勾配天井になっています。

 

材は杉の白太です。

 

クセのない落ち着いた雰囲気ですね。

 

杉の白太は木材の中でも特に柔らかいので、扱いに気を使いました。

 

続きを読む

2018年

7月

10日

気密シートを貼っています。

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の現場は先週から壁断熱を入れ込みました。

 

 

断熱はただ入れていくのではなく下地や筋かいの所はカットして浮かせないといけません。

 

そのままだとそこに隙間が出来てしまい断熱欠損になってしまいます。

 

2,3階の壁断熱は入れ終わり1階がボードが置いてあるため一部残っています。

 

続きを読む

2018年

7月

06日

左官作業中

 

台東区浅草マンションリノベーションは佳境です。

 

大工、家具、建具作業は終わり珪藻土を塗っています。

 

 

まずは見えにくい冷蔵庫裏の壁から。

 

一面ずつ塗っていきます。

 

続きを読む

2018年

7月

03日

外部もほとんど終わり内部壁断熱に入りました。

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建て新築工事の現場レポートです。

 

先週、胴縁を打っていることを書きましたが胴縁はほとんど打ち終わり、残りは板金屋さんとの絡みになってくるのでいったん終わりにして次の作業に入りました。

 

今回は縦胴縁のビスが外れてしまった時に中で確認できる様に壁断熱は胴縁の後にしていました。

 

 

胴縁を打ち終えたら次はサッシ上に庇を取り付けました。

 

庇は胴縁の利かせるのではなく建物内の下地に効かすので胴縁の前にやるものなのですが先に庇を取り付けてしまうと足場の移動が大変になってしまうので胴縁の後の取り付けました。

 

続きを読む

2018年

6月

29日

家具建具とヒノキの板張り洗面室

見習い大工の眞利子です。

 

浅草のマンションリノベーションの内装進行中です。

 

作り付け家具と押し入れ、全16枚の家具建具を製作します。

 

 

冷蔵庫スペース横の家具です。

 

ナラカウンターの上下に建具付きの収納が付きます。

 

建具厚は24ミリ、シナランバーにヒノキのタンパンを張り付け製作します。

 

吊り込みに必要な突起部分(シバタ)をマルノコで加工調整して吊り込んでいきます。

 

続きを読む

2018年

6月

26日

内部の床が固まってきました。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての現場では自分は外部の胴縁を入れています。

 

今回は外部化粧はガルバリウム鋼板の横張りなので胴縁は縦胴縁になります。

 

 

胴縁の下はダイライト12㎜ボード21㎜の2重貼りそして胴縁が来るので100㎜のビスで止めています。

 

100のビスで止めていくとインパクトの充電がすぐ無くなってしまいます。

 

そして縦胴縁をいれてしまうと足場の横移動がかなりやりにくくなってきました。

 

続きを読む

2018年

6月

23日

住まいの印象を左右する表札の種類をご紹介します

住宅の玄関まわりに欠かせないものと言えば表札ではないでしょうか。

 

細かい部分と思うかもしれませんが、表札は住まいの印象を左右する大切なアイテムのひとつです。

 

表札と一口に言っても素材やデザインなど様々な種類があります。

 

では、表札にはどのような種類があるのでしょうか?

 

そこで今回は、住まいの印象を左右する表札の種類をご紹介します。

ステンレスタイプ

続きを読む

2018年

6月

22日

マンション造作。ナラ材を使用した作り付け家具

見習い大工の眞利子です。

 

台東区浅草のマンションリノベーション現場の進行状況です。

 

フローリングが張り終わり、現在作り付け家具を施工中です。

 

 

フローリング材はナラです。

 

定尺なので施工はしやすいですが、厄介なのが突き付けです。

 

張り始めは居室入り口の敷居に突き付けるので苦労しました。

 

写真だとまだ少し空いて見えると思います。

 

若干大きめにマルノコで割り、小鉋で削りながら突き付けていきます。

 

張り始めから3列くらい張れれば、安定してくるのでスピードアップはそれからです。

 

続きを読む

2018年

6月

19日

サッシが入りました

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての現場は先週の内に電気屋さんと設備屋さんに来てもらい外部に関わる配管の穴あけをしてもらいました。

 

ボードを貫通して穴が開いてしまい耐火になっていないとみなされてしまうのでなかでそこをボード2重貼りをきちんとしておかないといけません。

 

他には今回はベランダの排水部も柱の間に来てるのでそこもきちんと囲ってボードを張っています。

 

続きを読む

2018年

6月

15日

杉づくしの浅草店舗工事

見習い大工の眞利子です。

 

先週の日曜日、浅草で店舗工事がありました。

 

分解も出来るように、ビス留めで良いから無垢板で作って欲しいというご要望でした。

 

市場から買い入れた杉の一枚板で、商品を陳列する棚とカウンターを作ります。

 

 

新築やマンションリノベーションなど長期的な現場が普段多い為、店舗工事は新鮮です。

 

社員大工の内田と協力し、加工から組み立てまで店舗内で作業させていただきました。

 

続きを読む

2018年

6月

13日

外部ボード張り2重目がもうすぐ終わります。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての現場は先週から外部ボード張りに入りましたが今日、明日で玄関を残して終わりそうです。

 

玄関はサッシが来てからそれに合わせて施工するのでまだできません。

 

先週は1重目の残りビス打ちまでやりましたがそこから2重張り目に入るのではなく、先にサッシ廻り2重目をやっていきます。

 

 

 

ボードは1重目と2重目で継ぎ目をずらさないといけません。

 

継ぎ目をずらすことでよリ火が中に入れにくくさせます。

 

窓廻りも同じことで、継ぎ目を合わせないように継ぎ目をずらして施工します。

 

続きを読む

2018年

6月

06日

電気式や温水式など床暖房の種類をご紹介します

足元から暖めてくれる床暖房は、冬の寒い時期を快適に過ごすことができる暖房器具ですよね。

 

ただ、床暖房と一口に言っても様々な種類があるのをご存知でしたか?

 

床暖房には大きく分けて「電気式」と「温水式」の2種類があります。

 

それぞれ、どのような特徴やメリット、デメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、電気式や温水式など床暖房の種類をご紹介します。

電気ヒーター式

続きを読む

2018年

6月

05日

外部ボード貼りに入ります。

見習い大工の内田です。

 

先週の金曜日に無事、鳥越の木造耐火3階建て現場の構造検査が終わりました。

 

先週も言いましたが構造検査はダイライトも見るので構造検査がおわるまでは外部のボード貼り作業に取り掛かれませんでした。

 

なので構造検査が終わるまでは中の下地作業をやっていました。

 

続きを読む

2018年

5月

29日

ダイライトの施工が終わりました。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての現場では、先週の続きのダイライトの本締めを主に、残っていた窓周りのダイライト等、柱の角などの細かく残っていたところをやっていました。

 

続きを読む

2018年

5月

26日

和室の4つのメリットと2つのデメリットをご紹介します

昔から日本の文化としてある和室。

 

最近の新築住宅では和室を設ける間取りが珍しくなってきていますよね。

 

ただ、和室はゆったりとくつろげる落ち着いた空間になるため、新築に和室を取り入れたい方も増えてきています。

 

では、和室にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、間取りに和室を設けるか悩まれている方のために、和室のメリットとデメリットをご紹介します。

続きを読む

2018年

5月

25日

マンションリノベーション中

見習い大工の眞利子です。

 

建前後現場を二手に分け、私は浅草のマンションリノベーションをしています。

 

解体は建前にも手伝いにきていただいた職人さんに担当していただきました。

 

全て木下地で施工します。

 

まずは外部廻り、続いて中の間仕切りを立て家具等の下地入れです。

 

 

コンクリートの躯体は真っすぐであるとは限りません。

 

レーザーで基準墨を出し、足元を固めます。

 

胴縁は倒れがないか下げ振りで確認しながら固定していきます。

 

大まかな軸立てまで親方と一緒にやりました。

 

ここから一人です。

 

 

続きを読む

2018年

5月

22日

ダイライトを施工しています。

見習い大工の内田です。

 

鳥越現場は先週から間柱、筋交いを入れその後ダイライトを貼っていました。

 

親方が筋交いを入れて自分が間柱を入れていました。

 

続きを読む

2018年

5月

15日

建前から一週間が経ちました。

 

見習い大工の内田です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての新築現場では、先週の5月8日に建前があり無事終わり次の日から建前の時に時間がなく出来なかった金物締めと建物の歪みを直しました。

 

 

続きを読む

2018年

5月

11日

祝上棟

見習い大工眞利子です。

 

今週8日に無事台東区鳥越にて新築の建前が終わりました。

 

予報では、午後3時から雨と言われていましたがギリギリ持ってくれました。

 

商店街の一角という立地の為レッカー車も9時からの可動。

 

1日で上がるかヒヤヒヤでしたが、応援の大工さん方に本当に助けられました。

 

改めてありがとうございました。

 

 

ゴールデンウィーク中、最終確認と仮組みの終わった胴差です。

 

胴差は米松と330集成材がプラス3丁です。

 

心配だったのは通し柱との仕口でしたが、やはり苦労させられました。

 

小胴付きでは直接引っ張りに耐えているわけではないので、もう少し緩くても良かったと思います。

 

鎌継ぎ手は、親方と弟弟子が全て仮組みしてくれたおかげで難なく組めました。

 

手加工だと、一部の仮組みは出来ますが、全体では一発勝負です。

 

続きを読む

2018年

5月

07日

明日はついに建前です。

 

見習い大工の内田です。

 

先週の内に刻みも終わり現場の土台引きも終わらせ材料も現場に運び込みました。

 

今回の土台引きは大引も入れ込みました。

 

今回の土台は柱下に関わってくるところが多い為、建前を終わらせてから入れる事になると柱を少し欠いて土台の方も少し大きく掘らないと行けなので時間が掛かってしまう為土台引きの段階で入れました

 

続きを読む

2018年

5月

01日

刻みもほとんど終わりました。

見習い大工の内田です。

 

下小屋では残っていた柱や床ベニヤの加工も終わりました。

 

自分は主に柱の加工をしていました。

 

柱の加工は基本的にはホゾ取りという機械を使ってホゾを取っていくだけです。

 

上に乗っかる梁が大きい場合は柱をその分だけ落としボルト用の穴を空けるように加工することもあります。

 

 

ホゾ取りはこの写真には乗っていませんが左側にあるローラーの上に材料を乗せて滑らせてこのホゾ取りの定規に合わせてレバーを下すと刃が下がりホゾが取れるようになっています。

 

これを上下同じことをしてホゾ取りは終わりです。

 

続きを読む

2018年

4月

28日

畳の5つのメリットと4つのデメリットをご紹介します

日本の住宅に昔から使用されている畳。

 

畳の上で寝転ぶとその肌触りや香りに癒され落ち着きますよね。

 

ただ、近年の新築住宅では、和室を設けない間取りが多く、フローリングが主流になり畳を使用することも減ってきていますよね。

 

それでも、最近ではリビングの一部のスペースを畳コーナーにするなど畳を住宅に取り入れたい方は結構いらっしゃいます。

 

では、畳にはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

そこで今回は、畳の5つのメリットと4つのデメリットをご紹介します。

続きを読む

2018年

4月

27日

刻み中

見習い大工の眞利子です。

 

台東区鳥越の木造耐火3階建ての新築工事は、ゴールデンウィーク明けの建前に向けて刻み中です。

 

構造材はあと柱のホゾ加工と、束です。

 

 

奥に見える長い柱は通し柱です。

 

今回、八丁あります。

 

続きを読む

2018年

4月

24日

下小屋で米松を刻んでいます。

 

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の現場は床オスモかけも終わり内部は無事終わりました。

 

外構の方は後、道路側の塀の所にドアの取り付けがあるのみです。

 

続きを読む

2018年

4月

20日

墨付け、刻み作業中です。

見習い大工の眞利子です。

 

現在、浅草の下小屋で次の新築の刻み作業中です。

 

三階建て、耐火構造の建物になります。

 

 

特に特別な継手はありません。

 

追っかけ、台持ち継手などは十分な耐力があることを計算で証明されていないので使用できません。

 

耐火構造三階建ては、建物自体の自重が重いので金物などの規定も特に厳しいです。

 

続きを読む

2018年

4月

17日

ウッドデッキを作りました。

 

見習い大工の内田です。

 

下小屋の方では現在親方と眞利子さんが刻みに入っています。

 

自分は文京区本郷の現場で外部のウッドデッキを作っていました。

 

ウッドデッキの土台までは親方と事前にやっていたので板張りが残っていた状態からになります。

 

板は1枚1枚土台に打っていくのではなく受けに板を張り付けてスノコみたいに加工します。

 

 

スノコの加工が終わったらこれをこのまま土台の間に落としていきます。

 

板の長さは少し長めに加工してあり実際に落としてから全体の調子を見て切ります。

 

続きを読む

2018年

4月

13日

木塀組み立て

 

土台まで引いてあった木塀の組み立てです。

 

墨付けからさせていただきました。

 

土台は鎌継ぎ手、頭繫ぎは追っかけ継手で継いでいます。

 

頭繫ぎは風などの影響で、振られやすい部材なのでより強い継ぎ方を採用しています。

 

 

頭繫ぎの下に、貫が二本入ります。

 

菱形に使っているのがヒノキの40ミリ角です。

 

この部材は目地など取らず、ケンドンで組み込んでいます。

 

下の105×40ミリの頭貫は、柱と幅が同じなので両端を五分まくっています。

 

続きを読む

2018年

4月

10日

外構に木の塀を立てています

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の現場は完了検査が無事終わり、内部で残っているのは障子の紙張りやオスモによる塗装になっています。

 

完了検査がある為中の養生は全て取ってあります。

 

 

 

養生が取れてくると終わったという気持ちが出てきて少しホッとします。

 

今は内部ではなく外構に取り掛かっています。

 

外構は建物の後ろにウッドデッキが入り道路側には塀が立つようになっています。

 

今は塀の作成に取り掛かっています。

 

続きを読む

2018年

4月

06日

造作キッチン完成です。

見習い大工の眞利子です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建ての現場は今日完了検査です。

 

養生も剥がし、今まで隠れていた化粧面があらわになります。

 

キッチンは、ステンレス天板の取り付けから、引き出しの面材まで全て大工の手作業です。

 

今回は組み立て作業に時間を掛け、最大限狂いや倒れを取り除いた分その後の作業がスムーズでした。

 

 

化粧面材の取り付けは、一発勝負なところがあります。

 

引き出しの箱にビス留めする際も、あまり取り外しを繰り返すとビス穴が緩くなってしまいます。

 

今回は面材の微調整も、比較的スムーズに処理出来ました。

 

続きを読む

2018年

4月

03日

建具の吊り込みをやりました。

見習い大工内田です。

 

先週から見るとかなり進みそろそろ内部の終わりが見えてきました。

 

自分は3階の建具を吊ったり残っていた物入れのベニヤ、雑巾ずれ、単板をやっていました。

 

今回は3階の建具の紹介をしたいと思います。

 

 

3階の建具は全てランバーコアに単板を張り付けた建具になっています。

 

建具を吊っていく手順としては始めに建具の下に戸車を付けます。

 

今回、大きい出入り口の建具は全て戸車で家具につく建具はシバタ加工になっています。

 

続きを読む

2018年

3月

30日

遮光や防炎などカーテンの機能についてご紹介します

以前にカーテンの形状の種類についてご紹介しましたが今回は、カーテンの機能についてご紹介したいと思います。

 

カーテンを選ぶ時には形状や生地の素材、色だけでなく、空間に適した機能を持つカーテンを選ぶ事が大切です。

 

カーテンには遮光や防炎など様々な機能が付いているものがあります。

 

そこで今回は、選ぶ前に知っておきたいカーテンの色々な機能についてご紹介します。

遮光

続きを読む

2018年

3月

30日

建具、家具製作②

見習い大工の眞利子です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建て現場は引き続き建具製作です。

 

今回家具に吊り込む建具24枚中、6枚にガラスが入ります。

 

前回紹介した、四方枠のみのものがガラス建具です。

 

寸法取りの関係で先行して組み立てました。

 

その他の建具は厚み12㎜の鏡板を落とし込んだ框戸(かまちと)となります。

 

続きを読む

2018年

3月

27日

手摺りの加工

 

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の現場では先週に左官工事の珪藻土が終わりました。

 

自分たちはその間も内装工事をしてました。

 

自分は1階の残っていた細かい所と手摺りを加工してました。

 

今回は手摺りについて話したいと思います。

 

今回加工した手摺りは階段手摺りと2階小上りの所をしました。

 

 

階段手摺りは前の現場と同じように上を丸く取ります。

 

材を固定してルーターでかけていくだけなので簡単に終わります。

 

ルーターだけだと少し歪なので最後にヤスリを掛けなだらかにします。

 

続きを読む

2018年

3月

23日

ヒバ材を使用した建具製作中

見習い大工の眞利子です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建ての現場では家具に吊り込む建具を製作中です。

 

今回は作り付けの家具が多い分、小さな建具と引き出しの数も前回の約倍はあります。

 

材はヒバです。

 

ヒバ材は独特の香りとクセのない黄色みを帯びた色が特徴です。

 

少し甘いような芳香が自分は好きです。

 

材質としては、ヒノキより粘りがなく油も適度でさっぱりした印象です。

 

 

入り口以外の家具建具を24枚製作します。

 

まずは墨付けです。

 

内法を均等に割り、縦枠の被り分を足した寸法が建具寸になります。

 

今回縦枠は幅55㎜、半分の約28㎜+3㎜許容寸法を見ています。

 

続きを読む

2018年

3月

20日

内部仕上げは珪藻土になります

 

見習い大工の内田です。

 

今、文京区本郷の現場では左官屋さんが入り内部を仕上げています。

 

今回は自分たちの仕事ではなく左官工事の紹介をしたいと思います。

 

続きを読む

2018年

3月

16日

木製カウンター板の仕上げ方

おはようございます。

 

見習い大工の眞利子です。

今回は木製カウンターの仕上げ手順を紹介したいと思います。

 

テレビボードなどの作り付け家具は完成しましたら随時載せていきます。

 

 

この盤は、一階キッチンと対面になる家具の天板です。

 

下小屋で接ぎ合わせてから時間が経ってしまい、木表側の反りが出てしまいました。

 

このままでは、手鉋がのりません。

 

まず、繊維方向と交差するように電気カンナを掛けます。

 

電気カンナは回転工具の為、食いつきやバリがひどくならないように気を付けます。

 

短手の反りをここでしっかり落とします。

 

屑は細かい糸状に出ます。

 

続きを読む

2018年

3月

13日

玄関椅子の足の加工

見習い大工の内田です。

 

文京区本郷の木造耐火3階建ての現場では作り付けの家具の取り付けに入っています。

 

玄関の横に靴を履くときに座れる用の椅子を作るのですがこの椅子の足にあたる部分の加工が他と

違っていたので紹介したいと思います。

 

 

完成するとこのような形になりますがこの正面の足の加工を紹介したいと思います。

 

後ろに桟を回しそれにのせている形になりますが、足の加工は自分がやったのですが取り付けは真利子さんがやったので詳しい取り付けについては真利子さんのブログの方を確認ください。

 

続きを読む

2018年

3月

09日

ナラ製の家具のカウンター取り付け

見習い大工の眞利子です。


今回の新築も作り付けの家具がたくさんあります。

 

特にメインとなる二階のリビングには三枚のカウンターが取り付きます。

 

 

写真はワークスペースのカウンターです。

 

材料はタモです。

 

まずカウンターの受け(ここでは両脇に衝立て)を立て、高さを決めます。

 

カウンターは少し長さに余裕をもたして切り、両脇と奥の壁に突き付けていきます。

 

突き付けと言っても、珪藻土の厚み1~2㎜未満の隙間は問題ないです。

 

続きを読む

2018年

3月

08日

窓まわりで大切なカーテンの種類を5つご紹介します

住宅の窓まわりに取り付けるカーテンにはどのような種類があるのでしょうか?

 

一口にカーテンと言ってもブラインドやシェードなど様々な種類があります。

 

カーテンひとつでお部屋の雰囲気が大きく変わるのでカーテンを選ぶ前にどのような種類があるのか知っておくことが大切ですよ。

 

そこで今回は、カーテンの種類やそれぞれの特徴、メリット、デメリットをご紹介します。

1 ドレープカーテン

続きを読む

小冊子プレゼント

おすすめコンテンツ

自社大工育成
土手加藤の家づくりコラム

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296
住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6
営業時間

9:00~18:00
定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

※上記が主な施工範囲ですがその他の地域もご相談下さい。

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。