• 東京で木の家の注文住宅
  • 受け継がれるづくり
  • 東京で木の家の注文住宅

「木の家はすごくカイテキです」|台東区 M様

今まで土手加藤材木店で注文住宅づくりをさせていただいたお客様の声です。

お客様の声 台東区M様
お客様の声 台東区M様

 

無事に新築の家が完成しました。

 

ありがとうございます。

 

家を建てたことのない私達にはまったく分からないことだらけで、どこで頼めばいいか分かりませんでした。

 

多分家づくりを経験したことのある人には共通した悩みだと思います。

 

一度休日に住宅展示場に足を運んでみましたが、何かピンとこなかったのが実感でした。

 

そんな時に加藤さんのセミナー情報を知り、当日のセミナーに参加しました。

 

家づくりの心得や資金計画のことなど、不安解消がされたような気がしました。

しっかりした家ができて満足です。

 

「木」の家はすごくカイテキです。

 

それとケイソウド、すごくいいですよ!

 

素材選びも妥協しなくて良かったです。

 

今では、加藤さんに任せて良かったと心から思います。

 

 

 

 今までの住まいが老朽化してきたこともあり、そろそろ建て替えようと思い始めたM様。漠然と建て替えるようと思いながらも、なかなか注文住宅への第一歩が踏み出せませんでした。

 

 

「家を建てたことのない私達には、まったくわからない事だらけという様な感じで、どこに相談し、どこの会社に頼めばいいのか分りませんでした。家づくりを経験したことの無い人には共通した悩みじゃないですかね。」

 

 

初めての家づくりですから当然です。

 

 

そんな日々が漠然と続き、一時は大手ハウスメーカーでの家づくりも検討しました。

 

 

「休日の日に家族で展示場に足を運んでみたんです。何社もあることにまずびっくりしたんですが、半日かけて何社か見てまわりました。色々な会社があって、それぞれ特徴を聞いたのですが、何かピンとこないのが実感でした」

 

 

というのが最初の感想だった様子で、展示場での内観に不満があったのでしょうかとの問いに、

 

 

「いや、そうではないのですが何か違和感を感じただけで、家を建てるということに関しては住宅展示場はすごく参考になりました。」

 

 

ここからが、M様ご家族の家づくりの始まりとなり、

 

 

「雑誌なんかも買って色々自分達なりに調べました。調べると色々な会社があるのだなと思いました」

 

 

そんな中、土手加藤の家づくりセミナーの情報をインターネットで知り、M様のご自宅からも近いこともあり当日のイベントにご参加くださいました。

 

 

この時がM様との出会いです。

 

 

「土手加藤さんは地元で長く続く材木屋さんということは知っていたし、浅草では認知度もあったのでセミナーに参加しました」

 

 

いきなりの、イベント参加に不安はありませんでしたか?

 

 

「正直、地元の工務店さんではなかったら、いきなりセミナー参加はチョットできなかったと思います」

 

 

当日のセミナーの感想をお聞きしたところ、

 

 

「その時のセミナーで色々説明していただいて、加藤さんの家づくりに対する考え方や、無垢の木へのこだわりを聞かせてもらい、色々話すなかで沢山会話ができたのがすごく良かったです。」

 

とのありがたいお言葉をいただきました。

 

その後、弊社の見学会にご来場いただき、M様ご家族の家づくりに対する考えをお聞かせくださいました。

 

 

「私達もある程度の家づくりのイメージは出来てきました。

 

正直それまでは、家づくりの工法とか間取りの事とか全然わからなかったのですが、次第に無垢の木を使う家づくりへの関心が高くなりました。」

 

 

無垢の木の家づくり以外で何か印象に残るようなものはありましたか?

 

 

「自分達の暮らし方とかライフスタイルにこだわりました。やっぱり私たち家族の家ですから、家族が一番いいと思う家にしたいと思いました。それと、建売り住宅のような企画化された間取りよりも、自分たちに会う暮らし方を考えることに重点を置きました。

 

 

個々のこだわりが言葉となり始めます。

 

 

「今から考えるとようやくここら辺で、自分たち家族の家づくりの考え方が徐々に固まってきた様に思えます。」

 

 

 

土手加藤材木店に依頼する最終的なキッカケは何でしたか??

 

 

「やっぱり私たち家族の住まいのあり方を真剣に聞いてくださったことと、きちんとした家づくりをしている事、それと、やっぱり地元の工務店さんに頼むのがいいよねと家族で相談して、土手加藤さんに私達の家づくりをお願することに決めました。」

 

 

ありがたいお言葉です。

 

 

「それからは、家族の家づくりの思いを一つ一つ受け入れていただき前に進む事ができました。」

 

 

先ほど、素材選びという言葉がありましたが、何かイメージされたことはありましたか?

 

 

「家づくりの工法とかは全然わからなかったのですが、取り壊す前の古くなった家の床が「ひのき」を使っていたのは知っていたので、できれば「ひのき」の床を使いたいと思っていました。」

 

「ひのきのフローリングは、香りもよく、見た目も明るくてきれいですね。このひのきが時間と共に色が変わっていくのも楽しみの一つです。取り壊した古い家のような色になるには何十年かかるのでしょうかね。それと、壁と天井に使用した珪藻土(けいそうど)がひときわいいですね。最初はクロスにしようかなと思いましたが、珪藻土にして正解でした。なにより、詳しいことはわかりませんが部屋の空気がホントきれいです。ひのきのフローリングにもすごくあっています。」

 

 

内観に関してはいかがですか?

 

 

「リビングは本来、構造材の梁をむき出しとしたデザインにしたかったのですが、台東区は防火地域ということでできないことを初めて知りました。残念でしたが、法律ではしかたがないですよね。」

 

 

この構造材の梁を化粧材として見せる、「梁の表し」ですが、台東区をはじめ防火地域における木造住宅の場合に、構造材は石膏ボードで耐火被覆をしなければなりません。つまり、構造材の梁をそのまま見せることは残念ながらできないのです。建築基準法による火災に対する建物の性能が決められています。準防火地域では可能なのですが、防火地域では規制が厳しいので、対応ができないのが現状です。

 

 

外観に関してはいかがですか?

 

 

「外観はあえて和モダンにしました。家族の意見が分かれたところでもありましたけどね。屋根材はメンテナンスがかからない瓦屋根を選びました。」

 

 

M様のお宅では、省エネに対する意識も高かったために、断熱材は全て高性能グラスウールを使用し、また、サッシガラスは全てLOW-Eガラスを採用することで長期優良住宅並みの省エネ住宅としました。

 

 

新しいお家のご感想をお聞かせください。

 

 

「完成した新築の家にはすごく大満足しています。自分たちの思うような家づくりができましたよ。」

 

 

家づくりを通してのご感想や弊社に対するご意見を聞かせてください。

 

 

「本当に土手加藤さんにお任せして良かったと心から思います。家族でこれから長く生活していく素敵ないい家を建てていただいてありがとうございました。これからも、宜しくお願いしますね。」

 

 

小冊子プレゼント


注文住宅施工事例

土手加藤の家づくりコラム
自社大工育成

ブログ

無垢の木の家づくり 社長ブログ
Web担当 四宮の家づくりブログ
見習い大工ブログ
見習い大工ブログ内田

Facebook

お問い合わせ

TEL
03-3876-2296


住所

〒111-0025

東京都台東区東浅草1-13-6


営業時間

9:00~18:00


定休日

日曜・祝日

施工エリア

 東京都   板橋区 北区 豊島区 中野区 練馬区 足立区 荒川区 江戸川区 大田区 葛飾区 世田谷区 品川区 渋谷区 新宿区 杉並区 墨田区 江東区 台東区 中央区 千代田区 文京区 港区 目黒区 

このWEBサイトは自然エネルギー普及に貢献しています。